このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:人心操作の本 その3

科学に佇む書斎
【2017/09/27】

心理マーケティングの基本
『心理マーケティングの基本 この1冊ですべてわかる』
『朝倉実践心理学講座 4 発想と企画の心理学』
『プロが教える「ほめ言葉」 人のやる気を生み出す「ひと言」の極意』



『心理マーケティングの基本 この1冊ですべてわかる』
 梅津順江 日本実業出版社

●年間拝読ベスト本の1つ。
 消費者対象の心理調査手法について、基本からていねいに教えてくれる実務向け入門書だよ。

こちらで紹介
→●本『心理マーケティングの基本 この1冊ですべてわかる』



『朝倉実践心理学講座 4 発想と企画の心理学』
 海保博之 監修 高橋誠 編 朝倉書店

●心理学の研究者を目指す人向けの教科書系記述。

こちらで紹介
→●本『朝倉実践心理学講座 4 発想と企画の心理学』



『プロが教える「ほめ言葉」 人のやる気を生み出す「ひと言」の極意』
 大嶋利佳

●「ほめ言葉」に自信がない人は、いっぺんこれ系の本に目を通しておくといいのかも。

科学の本「ガッツを見せたわね。男らしくていいわ」女性上司が男性の部下に対してこんなほめ方をするのも、ジェンダー・ハラスメントになるので、NGです。



 →『ミニ特集:人心操作の本 海外系』
 →『ミニ特集:人心操作の本 その1』
 →『ミニ特集:人心操作の本 その2』
 



このページ 『ミニ特集:人心操作の本 その3』 は以上です。

科学な本のご紹介:  ミニ特集:猫 ネコ にゃんこ その2

科学に佇む書斎
【2017/09/27】

招き猫百科
『招き猫百科』
『猫医者に訊け!』
『ねこはすごい』

なんとなんと!
『招き猫百科』は「百科」を軽く凌駕するほどの盛り込みぶりのスゴ招き猫本だ!


『招き猫百科』
 荒川千尋 板東寛司 日本招猫倶楽部 インプレス

●種類、各種系統、時代、由来、材質、銘品、珍品、歴代受賞作、話題作などなど、全国の招き猫蒐集家がよってたかって全力発揮した、写真も作例も情報も豊かな保存版!
 和風好きさんや猫好きさんは機会があればこれ一度チェックしておくのオススメ。

科学の本1687年(貞享4年)、徳川五代将軍網吉による「生類憐れみの令」で、猫の売り買いとつなぎ飼いが禁止された。つまり、それまではつないで飼うことが一般的だったということである。

科学の本江戸時代の奇妙な商売に「猫の蚤取り」があった。往来を呼ばわって歩き、注文があると猫を洗って狼の毛皮にくるむ。すると猫についていた蚤が毛皮にすっかり移るというのだが、さてどれほど効果があったのだろうか。







『猫医者に訊け!』
 鈴木真, くるねこ大和 KADOKAWA/エンターブレイン

●類書に比べて、ぶっちゃけ辛口。
 獣医さんが連射する火炎砲を、『くるねこ』でおなじみの潤沢味わい挿画がナイス中和をしてくれるという、とってもアメとムチな仕様のニャンコ本。

こちらで紹介
→●本『猫医者に訊け!』


ねこはすごい (朝日新書)



『ねこはすごい』
 山根明弘 朝日新書 朝日新聞出版

●猫だらけの島の猫軍団のフィールド調査を経験してきた著者さん。

 ネコ医者のような、飼い猫と飼い主の悲喜こもごも魑魅魍魎をくぐり抜けてきた人ではなく、のらぬこの行動観察が中心の研究者さんなので、内容は著者の前作の→●本『ねこの秘密』と同様に、ごくごく穏当・オーソドックスなマイルド系記述です。

科学の本なぜねこは、人間のように、瞳孔の形を丸い形のままで大きさを変えるように、進化しなかったのでしょうか?
 その理由は、瞳孔が丸い形のままだと、小さくするのに限界があるからです。

科学の本ねこの瞳孔の大きさを調節する筋肉は、別の筋肉によっても上下に引っ張られるために、瞳孔を幅1mm以下の針のような細さにまで収縮することができます。

科学の本大きな音であれば、10万ヘルツ付近まで、ねこは聴こえているとまでいわれています。
 人間には何も聴こえていないのに、ねこが反応するのは、天井裏や外で活動しているネズミなどの小動物の鳴き声や、何らかの高周波の物音に反応しているのだと思われます。

科学の本最近の家電製品は低騒音仕様になっているものがほとんどですが、それはわたしたち人間にとっての騒音を低減しただけであって、猫たちにとってもそうであるとは限りません。

科学の本家の猫が、なぜかいつも落ち着かず、神経質な状態が続くなら、猫にだけ聴こえる騒音の可能性についても、考えてみたほうがいいかもしれません。







 →『ミニ特集:猫 ネコ にゃんこ その1』
 →『ミニ特集:犬 わんこ ペットの本』
 



科学な本のご紹介:  ミニ特集:昔の日本についての本 その5

科学に佇む書斎
【2017/09/20】

飛脚
『ロジスティクスの歴史物語 江戸から平成まで』
『名字の謎がわかる本 あなたのルーツをたどる』
『戦国と宗教』



『ロジスティクスの歴史物語 江戸から平成まで』
 苦瀬博仁 白桃書房

●江戸建設から近代までの都市計画、塩の流通、手形の飛脚、戦時中の兵站戦略など、様々な日本史を流通面から考えるおもしろさが沸々と。

こちらで紹介
→●本『ロジスティクスの歴史物語 江戸から平成まで』



『名字の謎がわかる本 あなたのルーツをたどる』
 森岡浩 幻冬舎文庫

●日本の古今全国の珍名苗字や由来・小ネタがてんこもりで、読んでるとめっちゃマイキャラ作りたくなる!

こちらで紹介
→●本『名字の謎がわかる本 あなたのルーツをたどる』



『戦国と宗教』
 神田千里 岩波新書 岩波書店

●古代世界は、ものすごく呪術や占術が常識として横行していたわけで、「因果」のありようが今とはまったく違う、一種のハイファンタジーに耐えられる思考でないと、当時の世界を理解するのは難しいのだぞ。

こちらで紹介
→●本『戦国と宗教』


 →『ミニ特集:昔の日本についての本 その1』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本 その2』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本 その3』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本 その4』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む