このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  ミニ特集:筋トレ

科学に佇む書斎

筋トレのための人体解剖図 
『効く筋肉が見える 筋トレ図鑑』
『プロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典』
『筋トレのための人体解剖図 しくみと動きをビジュアル解説』


『効く筋肉が見える 筋トレ図鑑 自重トレーニングで30才の体を取り戻そう』
 比嘉一雄 大人の自由時間mini 技術評論社

●評判の良い筋トレ本だよ👍
 骨格筋の解剖学から生理学まで必要な基本がつかめる上に、自重トレーニングだからよけいな準備やグッズなしですぐできる。

こちらで紹介
→●本『効く筋肉が見える 筋トレ図鑑』



『プロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典』
 荒川裕志 著   石井直方 監修 ナツメ社

●パーフェクトのタイトルはダテじゃない!
 それぞれの筋についての「筋データ」筋体積、PCSA(断面積)、筋繊維の長さ、速筋遅筋比率まで記されているという筋マニアックな筋肉図鑑本。
 関節運動別の関節角度と最大筋力(最大トルク)の関係グラフ一覧とかもあるし、筋肉白書みたいなん。
 赤字を見えなくする暗記用赤シートもついてて、プロを目指す人にもお役立ちな実践の書だぁ。

科学の本筋線維タイプの各割合のことを「筋線維組成」とよぶ。筋線維組成は各筋で異なり、下背部の脊柱起立筋など日常生活で体重を支える抗重力筋は、持久力のあるTypeI(遅筋)線維が多い傾向にある。特に、ヒラメ筋は、TypeI線維が多い。




『筋トレのための人体解剖図 しくみと動きをビジュアル解説』
 石井直方・肥田岳彦 監修 成美堂出版

●さまざまな筋トレポーズでどこの筋肉がどう鍛えられるのか、筋肉スケスケの人体で覚えることができるぞ。
 サイドブリッジ ライイング・トライセプスエクステンション フロントレイズ ショルダーシュラッグ ベントオーバーサイドレイズ フォワードランジ…
野球の投球、サッカー、バスケ、バレーボールのスパイク、テニス、卓球などの競技でどこの筋肉が効くかも図解されてるし、巻末にはダイエットにおすすめの筋トレも紹介されているという巷間向けの親切本。

科学の本【解剖学的姿勢】人体が前を向いて立ち、手を回外した状態(手のひらが前面で、親指が外側、小指が内側にある)を解剖学的姿勢という。左右は、人体からの左右で示す。

科学の本優れたランナ一ほど腸腰筋が太い傾向がある。腸腰筋はアスリートだけでなく高齢者にとっても重要な筋肉である。腸腰筋が衰えると股関節の屈曲力が低下し、歩くときに足が十分に上がらず、低い段差にもつまづきやすくなってしまう。

科学の本腸腰筋(ちょうようきん)は腹部の中にあるため外から触ることはできないし、どんなに鍛えても大腿四頭筋や大殿筋などのように筋肉の形が体表面にあらわれることはない。



筋トレ用じゃなく、人体を描く絵師が筋肉を学ぶのであれば、イチオシは

ソッカの美術解剖学ノート



そこらの描画指南書が束になってもかなわないほど内容が充実している上に、実践的にスキルアップ間違いなしで、筋骨の把握が格段にうまくなるスゴ本。日本マンガの影響を強く受けている作風なのでとっつきやすいのも推しポイント。 


→『ミニ特集:スポーツを科学する その1』
→『ミニ特集:スポーツを科学する その2』
→『ミニ特集:スポーツを科学する その3』




このページ 『ミニ特集:筋トレ』 は以上です。
【2019/08/28】

科学な本のご紹介:  ミニ特集:地震・火山災害研究の本 その2

科学に佇む書斎

地球を突き動かす超巨大火山
『震度7の生存確率』
『日本の地下で何が起きているのか』
『地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門』


『震度7の生存確率』
 仲西宏之 幻冬舎

●震度7に地震に遭遇したときに、どこで、何をしたら、生存確率が上がるのか。
 場面ごとに選択肢を用意して読み手に選ばせ、次のページで選択肢ごとの生存確率を叩きつけてくる。
 どれを選んでも、2割は、死ぬ。 現実は過酷だ。

こちらで紹介
→●本『震度7の生存確率』



『日本の地下で何が起きているのか』
 鎌田浩毅 岩波科学ライブラリー 岩波書店

●熊本地震の異常さと、その異常さを飲み込んで余りある列島地下のダイナミクスがスゴイ。
 とにかく「市井にまっとうに伝わるように」説かんとするこの体当たりな火山学者(防災学者)の意気込みを見よ!

こちらで紹介
→●本『日本の地下で何が起きているのか』



『地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門』
 佐野貴司 講談社ブルーバックス

●この本で地球の中身についての基礎科学を語ってくださるのは、地球科学の中でもレアな分野(超巨大火山;巨大火成岩岩石区 LIP)の研究者さんだ!

科学の本カンブリア紀やオルドビス紀などの名前が化石の種類を基につけられているということは、ある地層でよく見られていた化石が、その上の地層になると出てこなくなってしまうことを示しています。これはとりもなおさず、生命の絶滅が起きていたことを物語っています。

科学の本標本は種類が異なると取り扱いが違ってくるので、各分野に少なくとも一人はキュレーターがいることが理想です。例えば、同じ動物でも魚とほ乳類のはく製では管理方法が違うのです。

科学の本重要な研究対象であるにもかかわらず、LIP(超巨大火山、巨大火成岩岩石区)を研究している学者の数は必ずしも多くはありません。特に日本の研究者数は海外に比べるとほんのわずかです。



電子書籍も便利。Kobo版↓
Kindle版電子書籍 ↓

地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門 (ブルーバックス)




→『ミニ特集:地震・火山災害研究の本 その1』
→『ミニ特集:地震研究の本』
→『ミニ特集:火山災害研究の本』
→『ミニ特集:災害・防災研究の本 その4』
→『ミニ特集:災害・防災研究の本 その5』
 



【2019/08/11】

科学な本のご紹介:  ミニ特集:地学や鉱物の本 その3

科学に佇む書斎

地学のツボ
『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』
『温泉の科学 温泉を10倍楽しむための基礎知識!!』
『地学のツボ 地球と宇宙の不思議をさぐる』


『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』
 山崎晴雄/久保純子 講談社ブルーバックス

●ブラタモリ的地学の愉悦がここに!
 列島の大きなスケールから小さな地域の変動まで、北から順番に語られる我らが足元のダイナミックさが面白い!

こちらで紹介
→●本『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』



『温泉の科学 温泉を10倍楽しむための基礎知識!!』
 佐々木信行 サイエンス・アイ新書 ソフトバンククリエイティブ

●日本温泉科学会の理事先生が書いてしまった!
 みっしりふんだんに科学・化学なお話が楽しめる温泉づくし科学ハンドブック!

こちらで紹介
→●本『温泉の科学 温泉を10倍楽しむための基礎知識!!』



『地学のツボ 地球と宇宙の不思議をさぐる』
 鎌田浩毅 ちくまプリマー新書 筑摩書房

●派手な火山ファッションでおなじみの鎌田先生が送る、コンパクトでしっかりわかる、評判の良い入門用新書。
 図解もいっぱいだよ。

こちらで紹介
→●本『地学のツボ 地球と宇宙の不思議をさぐる』


→『ミニ特集:地学や鉱物の本 その1』
→『ミニ特集:地学や鉱物の本 その2』
 



このページ 『ミニ特集:地学や鉱物の本 その3』 は以上です。
【2019/08/11】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。

ご援助ありがとうございます🙇。いろいろありましたが、新しく安全な窓口を作りました。
  🎨 BOOTH 🎨
から応援いただけます。良い本を紹介するパワーにいたします💪。

連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・