このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:プールのヤゴはプール掃除のときどうしてる?

科学に佇む書斎
【2017/02/04】



科学の本『わくわく昆虫記 憧れの虫たち』






以下、みなさんからのプール掃除やトンボのヤゴについてのつぶやき





























上掲の各文は、『わくわく昆虫記 憧れの虫たち』の中に記されている「プールのヤゴ」についての一文

科学の本多くの学校では、冬の間はプールを干してしまったり、ヤゴが孵化する春先に早々にプールを洗い流してしまったりするようだが、プール開きの直前まで水をためて放っておいてくれたら、多くのヤゴがトンボになって旅立ってくれると思う。


に対して寄せられたツイートを並べたものです。

この本『わくわく昆虫記』については、下記のページで紹介しています
→●本『わくわく昆虫記 憧れの虫たち』
 丸山宗利・山口進 著 講談社


わくわく昆虫記


 




科学な本のご紹介:  ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る 3

科学に佇む書斎
【2017/01/25】


『自然の謎と科学のロマン 上 宇宙と物質・編』
 平林久, 梶田隆章, 銀林浩, 丸山健人, 益川敏英, 秋光純, 立石雅昭
 新日本出版社

●複数の研究者さんが、各自がたずさわる日本の最先端研究を語ってくださいます。
 2003年の出版ですが、2008年ノーベル物理学賞の益川敏英さんと、2015年ノーベル物理学賞の梶田隆章さんがラインアップしているという、かなりな先見の明発揮の一冊。

こちらで紹介
→●本『自然の謎と科学のロマン 上 宇宙と物質・編』



『超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義』
 橋本幸士 KS科学一般書

●研究者が娘に自分の領野について教えようと奮戦。
 単純なひもは、挙動しだいで面や球などさまざまな性質にヘンゲする!
 対話形式の、大阪弁と父性愛が錯綜するシュールな読み物なのだ。
 

科学の本その小さい素粒子が、じつは小さなひもでできているとする仮説が超弦理論です。この仮説は、実験的な検証を待っていますが、まだ確認されていません。

科学の本超弦理論の興味深い結果の一つに、空間の次元や構造を規定してしまう、ということがあります。最もポピュラーな超弦理論だと、空間の次元は9となってしまいます。つまり、我々の3次元空間のほかに、6次元の空間が組み合わさっていないと、理論が数学的に矛盾してしまうことがわかるのです。
 このようなことは、通常の素粒子の理論では起こりません。



著者さん



この本は、図書館によっては電子書籍版を無料貸出していることがあります。

電子書籍版、楽天KOBO



Amazon Kindle版

超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義 (KS科学一般書)



なんと、漫画版も出てます

マンガ 超ひも理論をパパに習ってみた ―天才物理学者・浪速阪教授の70分講義






見て楽しむ量子物理学の世界



『見て楽しむ量子物理学の世界 自然の奥底は不思議がいっぱい』
 ジム・アル・カリーリ 日経BP社

●間口が広くて入りやすく、あたたかい読みごこちを感じさせてくれる入門書。
 量子物理学の深奥の謎っぷりもじっくり味わえるのだ。

こちらで紹介
→●本『見て楽しむ量子物理学の世界 自然の奥底は不思議がいっぱい』


 →『ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る』
 →『ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る 2』
 →『ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る 3』
 →『ミニ特集:タイムマシンと相対性理論』

 



科学な本のご紹介:  ミニ特集:終末期の本 2

科学に佇む書斎
【2017/01/18】


『患者から「早く死なせてほしい」と言われたらどうしますか? 本当に聞きたかった緩和ケアの講義』
 新城拓也 金原出版

●ホスピスの緩和ケア関与者向けまっこう虎の巻。
 現場で駆使される医療心理学のリアルとしても、たいへん参考になる。

こちらで紹介
→●本『患者から「早く死なせてほしい」と言われたらどうしますか? 本当に聞きたかった緩和ケアの講義』



『「お迎え」されて人は逝く 終末期医療と看取りのいま』
 奥野滋子 ポプラ新書 ポプラ社

●終末期の譫妄(脳の機能低下)の中、「救済感のアイコン」として立ち現れる「かつての親しかったものたち」の幻影。
 知っておくと救われる、我々の未来。

科学の本看取りを行った家族に「お迎え」現象についてのアンケート調査を行うと、4割以上の人が「お迎え現象はあった」と回答しました。語られざる「お迎え」現象は結構多く、アンケートに出た数字より多くの人が体験している可能性はありそうです。

科学の本調査に関わった社会学者の相澤出先生によると、「亡くなった人が来た」と言うと家族も心配するだろうと、患者側はかなり気をつかうそうです。
 ですから、語られざる「お迎え」現象は結構多く、アンケートに出た数字より多くの人が体験している可能性はありそうです。

科学の本「お迎え」現象で患者が出会ったのは「すでに亡くなった家族や知り合い」と答えた人が52.9%に及んでいます。「そのほかの人物」も34.2%いました。
 また、「生者より死者」が71.1%と圧倒的に多く、その死者の78.1%が家族や親せきとなっています。

科学の本お迎えに来た相手がはっきりとわかる場合と、誰だかわからないけれど親しみを感じる場合があるようです。中には、むかし飼っていた愛犬が、お迎えに来た例もあります。






『欧米に寝たきり老人はいない 自分で決める人生最後の医療』
 宮本顕二 中央公論新社

●北欧での終末期医療の様子を含め、ターミナルケアに携わる医師ご夫妻が記したアドバイス。

科学の本宮本礼子 ”終末期には、ほとんどの高齢者は意思決定ができず、多くの場合、医師と家族が医療の内容を決めています。その場合、ガイドラインでは、家族は本人の意思を推定することになっています。
 しかし、残念なことに、本人の意思を推定するように家族に言っても、自分の希望を言う家族がいます。”

科学の本宮本礼子 ”事前に終末期医療の希望を文書で残すことを勧めます。現状では、書き残している人の割合は5%と少なく、また、日本では法的な効力はありません。しかし、あるとなしでは大違いで、文書があると、終末期医療に自分の意思を反映させやすくなります。ぜひ書き残してください。”

科学の本宮本顕二 ”高齢者が終末期を迎えると食べられなくなるのは当たり前で、経管栄養や点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。
 逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。”










もっと終末期のリアル↓
 →『ミニ特集:終末期の本 1』

 →『ミニ特集:生死の本 その1』
 →『ミニ特集:生死の本 その2』
 →『ミニ特集:日本人の死の民俗学』

 →『ミニ特集:遺体の変化を知る本』
 →『ミニ特集:死んだあとを考える本』

 



このページ 『ミニ特集:終末期の本 2』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











科学に佇むの今読んでる本