このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質

科学に佇む書斎
【2009/07/09】



科学の本『ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質』

「わかっている人を相手に」著された肩のこらない手練の知的お遊びエッセイ。
不確実性をめぐる講釈でもてあそばれるのは、神経経済学、脳科学、フラクタル、行動経済学、進化心理学、認知心理学・・・楽しんで下さい。

科学の本ウォーレン・バフェットの言葉を借りると、床屋に髪を切ったほうがいいと思いますかなんて聞いてはいけない。それと同じで、学者にあなたの研究は重要ですかなんて聞いてはいけない。

科学の本読んだ本は、読んでない本よりずっと価値が下がる。蔵書は、懐と住宅ローンの金利と不動産市況が許す限り、_自分の知らないこと_を詰め込んでおくべきだ。

科学の本ものを知れば知るほど読んでない本は増えていく。

科学の本すべてを警戒し続けるのはまったく不可能だということをよく覚えておこう。



 


『ブラック・スワン 不確実性とリスクの本質』
 ナシーム・ニコラス・タレブ
 ダイヤモンド社
 


 →『ミニ特集:未来と確率の本』
 →『ミニ特集:未来と確率、リスクの本』
 →『ミニ特集:リスクと経済、リスクと消費』


 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む