このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ニューエイジについてのキリスト教的考察

科学に佇む書斎
【2007/06/11】



科学の本『ニューエイジについてのキリスト教的考察』

これめっさ面白い。

ニューエイジなる新興宗教(?)について、キリスト教の人々が危機感とともに傾向と対策の教科書を作ったよ的な。
ヒーリングやスピリチュアル・ムーブメントをも射程に入れて、聖書とあいいれない性質とは何か、布教には何を旨とすべきか、論理的にちゃんちゃんと考察していく。
もちろん「外部からの分析」であるので、他の宗教や無神論者にもよく勉強になる。

コンパクトで的確!

科学の本「ニューエイジ」(新しい時代)ということばは、二千年間続いた魚座の時代の後に、新しい水瓶座の時代が到来しようとしているという、占星術の思想に由来します。

科学の本ニューエイジの文脈では、生まれ変わりは、神的なものとなることを目指した上昇的進化の概念と結びついている。生まれ変わりを、個人の魂がより完全な状態に進歩することと考える。

科学の本ますます多くの人が、絶対的な信仰や規範は、他者の思想や信念を受け入れられないことを示すだけだと考えるようになっています。

科学の本ニューエイジ運動の中心的関心事の一つは、「全体性」の探求です。そこではあらゆる形の「二元論」の克服が追求されます。

科学の本ニューエイジにおいて善悪の区別はありません。人間の行為は、覚醒の結果か、無知の結果です。ですから、人は罪に定められることもなければ、ゆるしを必要とすることもありません。





『ニューエイジについてのキリスト教的考察』
 教皇庁文化評議会
 カトリック中央協議会


 →『ミニ特集:宗教学・宗教心理の本』
 →『ミニ特集:宗教学・宗教心理の本2 海外』
 →『ミニ特集:宗教学・宗教心理の本 その3』
 →『ミニ特集:宗教学・宗教心理の本 その4』
 →『ミニ特集:宗教学・宗教心理の本 その5』
 →『ミニ特集:宗教学・宗教心理の本 その6』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後