このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  温故知新の書『図書館の日本史』

科学に佇む書斎



図書館の日本史 📖 
奈良時代に営まれていた図書寮(ずしょりょう)の実際、長い歴史を持つ金沢文庫の荒廃と流転の顛末など、書庫らしき存在をたどる一冊。

科学の本明治初期当時、一般向けに開設されたものはすべて「書籍館」と名付けられていたので、岩猿敏生氏は「図書館という名称は大学図書館だけに限られて用いられていた」と指摘しています。

科学の本平安時代、朝廷の儀礼や政務は「先例主義」といって、過去の記録を参考にしながら行ってしました。それを調べるのに多くの日記や書籍が必要とされたのです。

科学の本鎌倉時代には、武家の女性も金沢文庫を利用していたようです。「枕草子たまはり候はんすらんうれしく候」などと史料に記されています。女性たちは平安時代に盛んに書かれた物語類を中心に借りていたようです。

科学の本大宝律令によってはじめて「図書寮 ずしょりょう」という機関が設置されました。図書や経典類の管理のみならず、書写手(写本作り)、装潢手(表装)、墨や筆の製作職が置かれ、さらには諸官庁で使用する用紙も製作していました。




『図書館の日本史』
 新藤透
 ライブラリーぶっくす
 勉誠出版
 


→『ミニ特集:本読みの世界 その1』
→『ミニ特集:本読みの世界 その2』
→『ミニ特集:本読みの世界 その3』
→『ミニ特集:読書の効果:脳の中に「読み」の回路を作ろう』
 



このページ 温故知新の書『図書館の日本史』 は以上です。
【2019/02/02】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・