このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  ミニ特集:2010年代、日本の格差と経済を見る本 その2

科学に佇む書斎

21世紀日本の格差

『21世紀日本の格差』
『子どもが増えた! 明石市人口増・税収増の自治体経営』
『日本が売られる』
『縮小ニッポンの衝撃』

21世紀日本の格差


『21世紀日本の格差』
 橘木俊詔 岩波書店

●把握しておくべき基本的なデータを教えてもらえる便利本。
 このあたりさえ把握せずに思い込みで日本のあるべき姿を声高に叫んでしまうのはいかがなものか。

こちらで紹介
→●本『21世紀日本の格差』


子どもが増えた! 明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり) (光文社新書)


『子どもが増えた! 明石市人口増・税収増の自治体経営』
 湯浅誠/泉房穂 編著 光文社新書

●年間拝読ベスト入り!
 現実を建設的に良くしてくれるハートフルな新書。
 地域の暮らしを優しく包んでくれるような、良い風・希望が見える試みがたくさん集まっているのだ

こちらで紹介
→●本『子どもが増えた! 明石市人口増・税収増の自治体経営』


日本が売られる (幻冬舎新書)


『日本が売られる』
 堤未果 幻冬舎新書

●「民衆の力になる」どころか「民衆とは違う」という自意識をひけらかす政治家が、民衆を納得させないまま(納得させるスキルを欠いたまま)歩を進めるとどこへ行き着くのか。

こちらで紹介
→●本『日本が売られる』


縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)



『縮小ニッポンの衝撃』
 NHKスペシャル取材班 講談社現代新書

●データから割り出される悪夢の未来が既に顕現し始めている現在の地域を実際に取材!

こちらで紹介
→●本『縮小ニッポンの衝撃』

→『ミニ特集:2010年代、日本の格差と経済を見る本 その1』
→『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その4』
→『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その5』
→『ミニ特集:社会の格差を憂う本 その3』
→『ミニ特集:社会の格差を憂う本 その4』
→『ミニ特集:子どもの貧困/小児期の逆境というハンデ』
→『ミニ特集:社会の絆の問題の本』
 



【2019/11/30】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・