このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  ペットの本

科学に佇む書斎

ペットと生きる 

ペットオーナーの心理学、愛玩動物の社会学



科学の本ペットの飼育時期が早ければ、その後の人生でペットを飼育する可能性が高くなる傾向がある。大人になってペットを飼う人は、概して子どもの時にぺットとともに育ってきた可能性が高い。


こちらで紹介
→●本 『ペットと生きる ペットと人の心理学』


科学の本かつて犬は室外、猫は出入り自由が普通であったが、この傾向は80年代頃から変化し始め、調査によれば2006年には室内飼いは雑種で3割、純粋種では8割となっている。


こちらで紹介
→●本『現代日本人の動物観 動物とのあやしげな関係』



科学の本『本朝食鑑』に「猫の肉の味は甘くあぶらっこい」と記されていた。


こちらで紹介
→●本 『ヒトはなぜペットを食べないか』 山内昶


科学の本小児を虐待している家では、ペットも虐待されている頻度が高い。


こちらで紹介
→●本 『ヒトと動物の関係学3 ペットと社会』

動物行動学のテンプル・グランディンさん



科学の本茶トラのオス猫のほうが、黒のオスより攻撃的で臆病なことが多い。


こちらで紹介
→●本 『動物が幸せを感じるとき 新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド』 グランディン/ジョンソン


科学の本命にかかわる噛みつき事件の大半を、雑種ではなく、純粋種が起こしている。


こちらで紹介
→●本 『動物感覚 アニマル・マインドを読み解く』 テンプル・グランディン






このページ ペットの本 は以上です。
【2019/11/12】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・