このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  パルプンテな書『食べられる虫ハンドブック』

科学に佇む書斎



食べられる虫ハンドブック 📖 
うわあああそこらじゅうにそこらじゅうに食材がいるっ!!

科学の本【畜虫業】環境に優しく、小規模で経営できるので、新興国の人々にとっては食糧不足を解消するだけでなく、家計収入の助けにもなると考えられます。


科学の本昆虫を食べ慣れている、監修者の内山昭一の選んだ日本で食べられる「うまい昆虫ベスト10」カミキリムシの幼虫、オオスズメバチの前蛹、クロスズメバチの幼虫・蛹、セミの幼虫、モンクロシャチホコの毛虫…

科学の本【モンクロシャチホコの幼虫】通称サクラケムシ。毛虫という外見からは想像できない上品な桜の葉の香りに誰もが驚かされる。旨味も濃い。

科学の本【食べるときの注意】エビ・カニなど甲殻類アレルギーの人や、ダニアレルギーの人は食べないこと。初めての食材を摂取するときは常にアレルギーのリスクがあることを理解して用心すること。

科学の本【オニヤンマ】成虫はとても大型なので背中を割ると見える赤みの筋肉が十分な食べ応え。素揚げが食べやすいが、茹でたり蒸せばそのものの味が楽しめる。幼虫(ヤゴ)は佃煮などにして食べる。

科学の本シェフのイチオシ【アブラゼミ】日本のセミの中で最も美味しいのはアブラゼミである。成虫は揚げたてが香ばしく、サクサクしていてエビに似た食感がする。赤みの胸肉は意外と多く旨味がある。




食べられる虫ハンドブック



好評につき、新装版が出ています。 ↓

『食べられる虫ハンドブック』
 内山昭一監修
 自由国民社
 


いやぁ、もおぉ、食ったらダメな虫挙げたほうが早くね? と思わず勘違いしてしまうほど「食べられる虫」が多くて目が回る。
しかも「シェフのオススメ」マークがついてる激推しな「普通の虫」とか載ってるし、「自己責任でね」とかいう世界だし、うーんうーん、夏休みの自由研究(?)に使えそうな気もするけど、どっちかというと「慣れた先輩」といっしょに…お箸初め…するほうがなにかと安全かもしれない。

ナメクジ…も…メニューに載ってるよ。


→『ミニ特集:虫たちについての本 その5』
→『ミニ特集:虫たちについての本 その6』
→『ミニ特集:虫たちについての本 その7』
→『ミニ特集:虫のしわざ、虫こぶ、冬虫夏草』
→『ミニ特集:虫についてのハンドブック』
 



【2019/07/04】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・