このサイトの中を      ▶年間拝読ベスト本歴代 

科学な本のご紹介:  農作科学『知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?』

科学に佇む書斎



知って納得-植物栽培のふしぎ 📖 
子ども科学電話相談でもおなじみの先生お二方が、農作物などのおもしろ知識をいっぱい語ってくださるイケてる一冊。

科学の本レタスやシュンギク、ミズナなどは、植木鉢やプランターで栽培する場合や、室内の窓際で育てる場合があります。葉菜類は、太陽の強い光が当たると、葉や茎が硬くなり、美味しさが劣化してしまうからです。

科学の本光が当たるか当たらないかは、多くの種類の植物の発芽に大きな影響を与えます。発芽するために光が当たることを必要とするタネと、光が当たると発芽が抑えられるタネがあるのです。

科学の本雑草を退治する極意は、タネに光を与えないことです。多くの雑草は光が当たることを確認して、発芽するのです。通り道に雑草を生やしたくなければ、小石を敷き詰めるのが有効です。

科学の本暑い日は、日中の気温が高い時間帯に水をやりそうになりますが、土や植物の性質を考えると夕方にたっぷり土の深くまでしみるほどの水をやるのがよいのです。

科学の本ジャガイモの有毒成分は表皮が緑色になった緑色の部分や、未熟な小さなジャガイモにも含まれています。このようなジャガイモは店頭には並びませんが、家庭菜園や学校菜園で「捨てるのはもったいない」と調理して食中毒事件がおこることが多いのです。



Amazonで評価をチェック

知って納得! 植物栽培のふしぎ-なぜ、そうなるの?そうするの?- (B&Tブックス)


『知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?』
 田中修&高橋亘(アキリ亘)
 日刊工業新聞社
 


花壇や家庭菜園をいじってる人たちにも参考になってオススメだよ。
巻末では、植物工場での人工照明栽培や、宇宙空間での農耕についての研究にも触れているのだ。

※ レンゲが減った理由について、下記のような話があるのだけれど、本書『知って納得!植物栽培のふしぎ』では「田植えの時期が早くなったこと」が原因にあるとされている。


→『ミニ特集:植物を科学する本 日本 その1』
→『ミニ特集:植物を科学する本 日本 その2』
→『ミニ特集:植物を科学する本 日本 その3』
→『ミニ特集:農作をしてみる本』
 



【2017/05/13】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・