このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  スプーンと元素周期表 「最も簡潔な人類史」への手引き

科学に佇む書斎


スプーンと元素周期表 
さまざまな元素の性質と研究者の逸話が、幾重にもキラキラと折り重なる。
楽しくも読みごたえのある文庫。

科学の本水銀はカルト信者のような元素の一つでもある。水銀の原子はほかの水銀原子とだけつきあいたがり、身をかがめて玉になって外界との接触をできるだけ避ける。

科学の本イタイイタイ病は前世紀の日本でほかに類を見ない病気だったわけではない。20世紀の日本の人びとはほかにも三度(水銀で二度[訳注 原因物質はメチル水銀と呼ばれる有機化合物]、二酸化硫黄と二酸化窒素で一度)大規模な工業中毒の犠牲になっている。こうした事例は日本の四大公害病として知られている。


科学の本生のナトリウムやカリウムは水と反応するので、仮にあなたの体内に入り込んだとしたら、どんな体細胞に触れてもその瞬間にはじけるはずだ。だが、ナトリウムもカリウムも反応性があまりに高く、天然では単体という危険な形では存在しない。

科学の本ビスマスは凍ると体積が増えるというひじょうに数少ない物質の一つである。これがどんなに奇抜なことか、私たちは氷というものが身近にあるせいでよくわかっていない。

科学の本81番元素であるタリウムが、周期表で最も致命的な元素だと考えられている。タリウム原子は一個一個が甚大な害を及ぼせる。皮膚からの浸透で体内に入り込み、タンパク質を使いものにならなくする。




スプーンと元素周期表: 「最も簡潔な人類史」への手引き


好評につき、文庫版が出ています。

スプーンと元素周期表 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


『スプーンと元素周期表 「最も簡潔な人類史」への手引き』
 サム・キーン
 早川書房
 


元素周期表上にからくりを盛り込んだ回り舞台のような仕上がりで、次から次へと興味深いトピックが湧き出てくるのだ。



紙の本📖→『スプーンと元素周期表』
電子書籍Kobo版↓
Kindle版電子書籍 ↓

スプーンと元素周期表 (ハヤカワ文庫NF)



→『ミニ特集:化学反応や物質の性質、元素の科学』

→『ミニ特集:周期表と元素の図鑑』





【2011/07/21】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・