このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  文献資料集『アイヌ 民衆史の遺産 第13巻』

科学に佇む書斎



民衆史の遺産アイヌ 📖 
とても分厚い資料編纂本。
古今の「これはぜひ」と思われる文献資料から集められた論考集。

科学の本宇田川洋 ”本州の古墳時代を代表する古墳は、手厚く葬るという厚葬思想をもった高塚であるといわれるが、時代が経るにしたがい、だんだん小型化し、東北地方で「末期古墳」とよばれる形で残ったようである。”

科学の本宇田川洋 ”天野哲也氏によると、オホーツク文化の骨塚では、クマとシカはほとんどつねにほかの動物と区別して、一定の場所に一定の方法で置かれるといわれており、さらに「整然たる序列をもった動物観が存在したことが推察される」とされている。”

科学の本藤本強 ”【モヨロ貝塚】土壙墓の型式で、屈葬が基本であり伸展葬はごくまれである。木槨墓は初期の段階に見られるが、人骨の頭部に土器をかぶせる被甕(かめかぶり)の風習が一般化してくる。人骨の頭位は北西方向が多い。”

プリントアウトできる観光案内 ↓

科学の本榎森進 ”「北海道」は、ロシアの侵入をくい止める要所であり、したがって、「北海道」の「開拓」の成否は、まさに近代天皇制国家の中心部に位置する天皇の威光の盛衰を示す重要な事業として位置づけられた。”

科学の本安田千夏 ”墓標(クワ)はハシドイなど丈夫な性質の木を選んで作られた。先端の形状を、性別によって変えて作る地域が多い。アイヌ語では杖のことも「クワ」という。死者は墓標を杖として、あの世までの道を迷わず、魔物に襲われることもなく歩いて行けるものであるという。”


科学の本植木哲也 ”【アイヌ民族の遺骨を欲しがる研究者】アイヌ墓地発掘は昭和の時代になるとさらに大規模化します。戦前だけでも、実に500以上の頭骨が収集されました。北海道大学は戦後になっても、アイヌ墓地の発掘を続けました。”

科学の本知里真志保 ”胆振の幌別では、成長が遅くていつまでも立てない子がいると、春先すくすくと伸びたバイケエソオ(バイケイソウ)を取って来て「シクプ 成長せよ シクプ 成長せよ」と唱えながら尻を叩いた。”






『民衆史の遺産 第13巻 アイヌ』
 谷川健一 責任編集
 大和書房
 


半分以上は考古学、近代史、先住民法の問題で編まれています。

収録内容:
榎森進 解説『民衆史の遺産アイヌ』を編むに当たって
宇田川洋 アイヌ文化成立史
榎森進 アイヌ民族の歴史
植木哲也 アイヌ民族の遺骨を欲しがる研究者
榎森進 これでいいのか? 政府主導の新アイヌ民族政策
市川守弘 アイヌ人骨返還を巡るアイヌ先住権について
知里幸恵 アイヌ神謡集
知里真志保 ユーカラの人々とその生活 北海道の先史時代人の生活に関する文化的考察
知里真志保 アイヌ文学
違星北斗 北斗帖
バチェラー八重子 若きウタリに
安田千夏 アイヌの一生
児玉マリ アイヌの衣服
秋野茂樹 アイヌの食事
内田祐― アイヌの伝統家屋チセ
内田祐― アイヌの狩猟
荻原邑子 世界のなかで見るアイヌ文化
関根達人 アイヌ文化を特徴づけるモノ



→『ミニ特集:民衆史の遺産と民俗学』
→『ミニ特集:アイヌの過去を繙く本 その1』
→『ミニ特集:アイヌの過去を繙く本 その2』
→『ミニ特集:アイヌの過去を繙く本 その3』
 



【2018/06/28】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・