このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣 成績の良い子どもは家庭で何をしているのか?

科学に佇む書斎


子どもの成績を「伸ばす親」 
年間拝読ベスト入り!
ちょっと手を伸ばせば手に入る「成績の伸ばし方」、見ておいて損はない。
(というか、読んだら「うちの親こんなにダメだったじゃん!」とショック受ける人もいるかも)

科学の本◎ここまでできたら、遊んでいいよ
❌あと1時間しなさい!
成績を伸ばす親は「1ページ」勉強させ、伸ばせない親は「1時間」勉強させる。

科学の本成績の良い悪いは、勉強時間の長さによっては決まらないのです。では何が成績の良い悪いを決めるかといえば、できるようになった問題数です

科学の本❌とにかく1つひとつ地道に暗記して!
◎関係あるものをまとめて覚えよう!
成績を伸ばす親は用語を「まとまり」で覚えさせ、伸ばせない親は用語を「とにかく暗記」させる。

科学の本歴史は学習マンガを利用するといいでしょう。マンガなら歴史上の人物に感情移入して読み進めることができ、「どのように」時代が動いたか理解しやすいからです。
 ススメは『学習まんが少年少女日本の歴史』(小学館)、『角川まんが学習シリーズ日本の歴史』(KADOKAWA)です。それぞれ絵の雰囲気も違いますので、親子で書店に行き、実物を見てから検討してみてください。


この手の本は中古で安くまとめ買いするのも手です




『子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣 成績の良い子どもは家庭で何をしているのか?』
 安村知倫
 明日香出版社
 


世の中には教育についてどんどん「こうしたほうが効果ある」という知見が溜まってきてるのに、それらに縁のない育てられ方をしてきた人たちが、自分がされたのと同じ(時代遅れな)育て方をしてしまうという格差の悪循環ができてしまっていたりする。

本書と合わせてニスベットの『頭のでき』も併読してみてほしい。


ぶっちゃけ、自分は「裕福層の父方」と「貧困層の母方」だったんで、これらの「階層規範の差」を知ったとき、ほんと愕然としたから。父方と母方の作法の差まんまだったから。
裕福層出身の親は共有している情報を確認するために質問を用い、貧困層出身の親は自分の知らないことを子どもに問いただすために質問を使う。
それまんまだったから。gakbul

Kindle版電子書籍 ↓

子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣



→『ミニ特集:教育・児童心理の本 その1』
→『ミニ特集:教育・児童心理の本 その2』
→『ミニ特集:教育・児童心理の本 その3』
 



【2017/06/12】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・