このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  発掘された日本列島 新発見考古速報 2017

科学に佇む書斎

発掘された日本列島2017 新発見考古速報


発掘された日本列島2017 
長崎沖で発見された元寇の水中遺跡をはじめとしてさまざまな発掘現場からの収穫と報告が紹介される。

科学の本【飛鳥京跡苑池 あすかきょうあとえんち】特筆すべき遺物として、水路の堆積土から出土した海老錠(えびじょう)が挙げられます。海老錠は本体の牝金具と、それに差し込む牡金具から成る錠前で、飛鳥時代に大陸もしくは半島経由で日本に伝えられたと考えられています。


科学の本三彩瓦は8世紀中葉から9世紀初頭のわずかな期間にのみ生産され、その分布も奈良時代では平城京内、平安時代では平安京内にほぼ限られます。また、三彩の技術は国家が一括管理していたと考えられており、簡単に使用できる瓦ではありません。

科学の本【鷹島神崎遺跡 たかしまこうざき】鷹島海底遺跡では2隻の沈没船が発見され、現状保存されています。元軍の船の構造が分かる初めての事例として、大変貴重な発見です。

科学の本【鷹島神崎遺跡】沈没船のほか、鉄製冑などの武具類や中国製陶磁器などの日用品、国内初出土となった「福禄壽昌(ふくろくじゅしょう)」と呼ばれる厭勝銭(ようしょうせん/流通通貨ではなく災いを避け好運を願うための護符)など多様な遺物が出土した。


科学の本【鷹島海底遺跡の「てつはう 鉄砲」】陶製の球形容器の内部に、火薬、鉄片、陶器片を詰めた砲弾。戦闘で大きな威力を発揮した元軍の新兵器とされている。陸上の遺跡では出土事例がない。



科学の本【キノコ形土製品】東北地域の縄文遺跡で出土するが、用途は不明。毒キノコと食用キノコを見分けるための標本では?という意見もある。




発掘された日本列島2017 新発見考古速報


『発掘された日本列島 新発見考古速報 2017』
 文化庁編
 共同通信社
 


毎年発行されているムックサイズのカラー年報です。
合わせて発掘物の展示や講演会なども開かれます。



→『ミニ特集:発掘された日本列島』

→『ミニ特集:考古学の本 日本 その1』
→『ミニ特集:考古学の本 日本 その2』
→『ミニ特集:考古学の本 日本 その3』
→『ミニ特集:考古学の本 日本 その4』

→『ミニ特集:日本の古代道路はスゴかった』
  



【2017/06/22】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・