このサイトの中を      ▶年間拝読ベスト本歴代 

科学な本のご紹介:  美麗写真集『しめかざり 新年の願いを結ぶかたち』

科学に佇む書斎



しめかざり本 📖 
とてもおごそかに、めでたい香りのするありがたくも美麗な写真集。
ところどころに英文での解説もしるされていて、「英語ではこう説明すればいいのか!」的なお役立ち感もあったりする。

科学の本京都府京都市のエビを象ったしめかざり「海老飾り」:海老の頭となる藁(わら)の先端を「ねじきり」にしているのが京都の特徴。

科学の本宮城県気仙沼市のしめかざり「ホシノタマ」。ホシノタマとは宝珠のこと。藁(わら)を表面に巻きつけるような手法が特徴的。



科学の本北海道札幌市のしめかざりの例:玉飾りの素材は稲藁(いなわら)ではなくスゲ。開拓時代に十分な稲藁を確保できず、スゲや古俵(ふるだわら)を解いたものを利用していた名残だという。

科学の本広島県廿日市岩惣の宝珠のしめかざり:中央に小さく白い紙垂(しで)が付いている。しかしフェリーで広島市内に渡ると紙垂が付かない。
 宮島の商店の女性曰く、「同じ広島でも紙垂を付けていいのは宮島だけなの。それはもちろん、ここが神の島だからよ」

科学の本【牛蒡注連 ごぼうじめ】藁(わら)を一定の太さで一文字に綯(な)ったかたち。多くは紙垂(しで)や藁束を下げますが、何も付けないこともあります。






『しめかざり 新年の願いを結ぶかたち』
 森須磨子
 工作舎
 


日本各地でさまざまに作り伝わってきた多様な注連飾りたちが大判の写真(黒バックで神秘的!)で堪能できる。
「しめ縄」から「しめかざり」への造形的展開、的な類型別系譜のチャート図もあったりしてコレクター心(もしくは工作心)もくすぐられる。
鶴や亀、エビ、ヘビ、馬、ハトをかたどった注連飾りもあって、いずれも造形に興味津々。




→『ミニ特集:伝統美の本』
→『ミニ特集:日本の建築物を眺める本 その1』
→『ミニ特集:日本の建築物を眺める本 その2』
→『ミニ特集:お江戸の風俗』
 



【2017/11/26】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・