このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド 自傷行為、摂食障害、物質乱用・依存に悩む人の回復と支援のために

科学に佇む書斎

自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド


自分を傷つけてしまう人のための 
当事者の肩の荷をやさしく解いておろしてくれる、ほっとできる入門書。
厚い経験の上で目配りよくアドバイスが記されていて、現場に接する人の心に余裕を与えてくれる。

科学の本約1100校の公立学校を対象に行った調査では、小学校では9%、中学校では73%、高校では82%の学校が、在校生のなんらかの自傷行為を把握しています。

科学の本10代で一度でも自傷を行ったことがある人は、10年以内に自殺死亡するリスクが400倍から700倍高くなるというデータもあります。

科学の本自分を傷つける行為は、本人が無意識に発しているSOSであることがほとんどです。自分を傷つける行為をする人は、ほぼ間違いなくなんらかの痛みを抱えています。

科学の本「自傷は弱い人がするもの」、「かまってほしいだけで死ぬ気はないのだから放っておけ」、などというのはすべて誤解なのですが、ときどき医療職でもこのように考えている人がいます。

科学の本やせた体型を好む女性は多いものですが、摂食障害に陥る人は、体重の増減による気分の変化がとくに激しく、行為が極端になっていきます。

科学の本医師との関わり方で理想的なのは、悪いニュースもざっくばらんに話せることです。

科学の本訝(いぶか)しんだり、叱ったり、責めたりすることは、子どもにしてみれば「理解できない」と宣言されたのと等しいことです。相談しよう、頼ろうという意思がますます削がれてしまいます。

科学の本悩みが手に負えない場合は、人に相談するべきですが、自傷をする人はそうはしません。周囲に信頼できる人、自分を助けてくれる相談先を見つけていないと考えられます。


この本の監修者さん ↓



『自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド 自傷行為、摂食障害、物質乱用・依存に悩む人の回復と支援のために』
 松本俊彦 監修
 法研
 


本書でも明記されているように、治療者や援助者には相性というものがあるし、(人によってはこの本が性に合わないこともあるので)いろいろ広く浅く試してみると吉。


電子書籍も便利。Kobo版↓
Kindle版電子書籍 ↓

自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド



→『ミニ特集:心の健康をめぐる本 その1』
→『ミニ特集:心の健康をめぐる本 その2』
→『ミニ特集:心の健康をめぐる本 その3』
→『ミニ特集:うつを生きる その1』
→『ミニ特集:うつを生きる その2』
 



【2018/02/25】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・