このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  うさ語辞典 しぐさや行動からうさぎのキモチがわかる!

科学に佇む書斎


うさ語辞典 
捕食動物の猫や犬とはまた大きく異なる、草食動物うさぎさんについての基礎知識アレコレ!

科学の本うさぎはまったくまばたきをしないわけではなく、5分に1回くらいの頻度でします。
 野生では狙われる立場のうさぎの目には、閉じなくても乾かない仕組みがあり、まず、涙に油分を多く含み蒸発しにくくなっています。そして第三のまぶたと呼ばれる瞬膜(上下のまぶたではなく水平方向に動いて目を保護する膜)が、目を保護しているのです。

科学の本あおむけにされるとうさぎは急におとなしくなり、眠っているように見えることも。でも気持ちいいわけではなく、催眠状態で意識が遠のいています。
 うさぎの体に負担をかけるので、あおむけにするのは、おなかのブラッシングなど必要なときだけにして、短時間で済ませて。

科学の本前足をパンパンはたくのは、うさぎが顔を洗う前に見られる行動。これは、土の中で生活していたころの名残で、手についた汚れを取り払っているのです。

科学の本うさぎは、目を開けて寝る動物です。目を開けたまま短い睡眠を繰り返します。熟睡する姿は、とても慣れた子や性格がおおらかな子にしか見られません。

科学の本カーペットやタオルなどの上で前足をスイスイ! まるでアイロンをかけているようなしぐさをすることがあります。
 これは、野生のころの名残だと考えられています。祖先のアナウサギは、地面を掘って巣穴をつくっていました。雨が降ったとき、降りそうなときには、巣穴に水が入りこまないように、入り口を踏み固めて閉じる必要があったのです。





『うさ語辞典 しぐさや行動からうさぎのキモチがわかる!』
 Gakken Pet Books
 中山ますみ/監修
 学研プラス
 




→『ミニ特集:ウサギの本』
→『ミニ特集:犬 わんこ ペットの本』
→『ミニ特集:猫 ネコ にゃんこ その3』
→『ミニ特集:ヒトと動物の関係の本 その6』

 



【2017/06/19】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・