このサイトの中を      2018年前半ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  なんでそうなの札幌のカラス

科学に佇む書斎
【2017/11/01】


なんでそうなの札幌のカラス 
北国札幌のカラス女子ここにあり!
ローカルカラスを観察しまくる「札幌カラス研究会」からのご報告満載だよ。

科学の本鳥は興奮すると下痢状の糞をたくさん排泄するため、興奮して飛び回る範囲が広がればそれだけ糞害も増えるわけです。手出しをしなければ、糞が落ちる場所はある程度一定化するし、ムダに鳴くこともなくなります。

科学の本鳥が歩くのを「ウォーキング」、跳びはねるのを「ホッピング」と言います。ハクセキレイやムクドリはウォーキングで、スズメはホッピングです。

科学の本テクテクと歩くのが得意なのは圧倒的にハシボソガラスで、ピョンピョン跳びはねるのが得意なのがハシブトガラスです。歩くのが得意なボソは足が長く、ブトは短めです。

科学の本雨の日に芝生がある場所や河川敷に行くと、カラスがたくさん集まってしきりに地面採食をしているのが見られます。カラスが狙っているのは昆虫です。
 雨が降ると、地中に潜んでいた虫たちが地面近くにはい出てきます。それを知っているカラスが集まり、「昆虫ビュッフェ」が始まるのです。




関係者さんのアカウント ↓






『なんでそうなの札幌のカラス』
 中村眞樹子
 北海道新聞社
 


札幌近郊のカラスのねぐらはどうなってるの? ススキノのカラスの好物は何? など、札幌市内各地のカラス行動を紹介するとともに、異国のカラス情報や、北海道以外のカラスにも共通する情報などもたくさん載っているのだ。




 →『ミニ特集:カラスを科学した本』
 →『ミニ特集:鳥さんたちで科学する本 その1』
 →『ミニ特集:鳥さんたちで科学する本 その2』
 →『ミニ特集:鳥さんたちで科学する本 その3』
 →『ミニ特集:鳥の図鑑』
 



このページ 『なんでそうなの札幌のカラス』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。


●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む