このサイトの中を      2018年前半ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  福祉は「性」とどう向き合うか 障害者・高齢者の恋愛・結婚

科学に佇む書斎
【2018/03/03】


福祉は「性」とどう向き合うか 
「人権」概念が浸透しておらず、「身分」思考が横行している日本社会では、問題や実態が輪をかけてないがしろに放置されている。どうしよう。

科学の本「介護をしている時におしりや胸を何度も触られた」
「時と場所を選べずに自慰行為をしている」
「性的体験の事をしつこく聞かれる」
「利用者が夜に異性の利用者のベッドに入り込む」
「成人雑誌や性具を買ってきてほしいと頼まれる」

科学の本後藤宰人 ”コンドームメーカーの「相模ゴム工業株式会社」が行ったアンケート調査によると、既婚者・交際相手がいるものの「セ…クスが少ない」と感じている60代男性の65.5%が「もっとセ…クスをしたい」と答えているのに対し、女性は「セ…クスが少ない」と感じていても「もっとセ…クスをしたい」と答えているのは14.1%しかいないそうだ(相模ゴム工業株式会社2013)。”

科学の本後藤宰人 ”高齢者の性的ニーズと風俗店のメリットがうまくかみ合った結果、2011年以降、高齢者を対象にした割引サービスをする性風俗や、高齢者専用の性風俗が急増し、市場が拡大していった。”

科学の本後藤宰人 ”多くの人々は自分の親や祖父母の世代のセ…クスを想像したくないものだ。しかし、人間は加齢とともに生殖機能を失ったとしても、異性への興味は死ぬまで尽きない。”

科学の本武子愛 ”個室で利用できる障害者施設はほとんどない。利用する肢体不自由者にとって個室が稀ということは、自慰行為をしたり恋人と過ごす空間がないため、結果的に性的ニーズを否認される形になっている。”

科学の本米村美奈 ”性的ニーズとはいっても、詳細に見ていくと一人ひとり違うニーズが存在する。
 また、その利用者の置かれた環境や状況も異なるために、十把一からげに語ることだけはしてはいけない。”








『福祉は「性」とどう向き合うか 障害者・高齢者の恋愛・結婚』
 結城康博/米村美奈/武子愛/後藤宰人
 ミネルヴァ書房
 


まずは「問題が存在する、これは問題なのだ」と把握するところから始めねばならない。
そして、この本は、「ここに問題が存在する、これはみなで考えるべき問題だとして共有してほしい」という段階の、…いや、これは日本だけの問題?
残念ながら異国の事例を参照活用する段階には至っていない。
これからだ。


 →『ミニ特集:障害を生きる その1』
 →『ミニ特集:障害を生きる その2』
 →『ミニ特集:障害を生きる その3』
 →『ミニ特集:障害を生きる その4』
 →『ミニ特集:高齢期を知る』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。


●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む