このサイトの中を     2017年拝読ベスト本     2016年拝読ベスト本 

科学な本のご紹介:  法学セミナー2018年2月号

科学に佇む書斎
【2018/01/25】

法学セミナー 2018年 02月号


法学セミナー2018年2月号 
法学入門者・初学者向けに、法曹現場の今を語るシリーズ。
今回の特集は「ヘイトスピーチ/ヘイトクライム」

科学の本人種差別撤廃条約「人種的相違に基づく優越性のいかなる理論も科学的に誤りであり、道徳的に非難されるべきであり及び社会的に不正かつ危険であること並びに理論上又は実際上、いかなる場所においても、人種差別を正当化することはできない」

科学の本小谷順子 ”憎悪表現の飛び交う言論空間では、憎悪表現の直接の被害者が沈黙してしまい、被害者からの情報発信がなくなり、健全な言論の自由市場の前提が崩れる。”

科学の本小谷順子 ”憎悪表現が蔓延すると、徐々に公的事項に関する理性的・理論的な議論が成り立たなくなり、被害者以外の者も公的議論に参加することをためらうようになり、言論空間ないし思想の自由市場が差別思想に支配されることになる。”

科学の本小谷順子 ”憎悪表現の害悪は多数派には及ばないがゆえに、わいせつ表現等のような多数派に害悪が及びうるものと比較して、害悪の重大さが理解されにくいことが指摘されている。”

科学の本小谷順子 ”日本は、人種差別問題に対処するための法律を一切設けていないのであり、憎悪表現規制のない特殊な国と評されるアメリカよりも更に特殊な国であることに留意すベきである。”


法学セミナー2018年2月号



法学セミナー 2018年 02 月号 [雑誌]



『法学セミナー2018年2月号』特集:ヘイトスピーチ/ヘイトクライム3
 日本評論社
 


『法学セミナー』は法を学ぶ学徒向けの入門用月刊誌。
取り扱われるテーマは幅広い。
おりおり収載される「座談会」は、テーマによってはなんかもう法解釈の殴り合いみたいな展開を見せている回もあって、弁護士裁判官法学教授その他けっこう印象変わってきて面白い。
そうか、法律って「想定外をつぶしまくる言論プログラミング戦」みたいなもんなんだ。


 →『ミニ特集:法学セミナー2017』
 



このページ 『法学セミナー2018年2月号』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む