このサイトの中を      2018年前半ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  男は女より?痛みに弱いのは男か女か科学者か

科学に佇む書斎
【2018/04/08】

痛い顔Apple

女性は痛みを感じやすい?




【男は女より痛みに鈍感? いや、女性は男性より痛みを感じやすいぞ】
2005年7月 BBC News Women feel pain more than men
2005年7月 EurekAlert Women feel more pain than men, research shows
 痛みにはネガティブな意味あいが伴う。
 その感情効果も加わるため、女性は痛みをよりひどく感じるのかも



痛みに鈍いと言われる男であっても「驚くと痛みに弱くなる」という報告もあります。
騒音に鈍感な男
 女性は騒音におびえやすく、同時に痛みに強くなる
 男性は騒音に驚きやすく、同時に痛みに弱くなる
2001年3月 ロイター(リンク切れ)  Women More Sensitive to Noise Than Men




本稿は、昔々の2005年に旧ブログに記した稿を下敷きにして、2018年に改稿したものです。



痛みに鈍感なのは男?



男が痛みに鈍いのはテストステロンのおかげ
2004年6月 Nature Science Update Why it hurts less to be a man
「男は鈍感」を実証  男性ホルモンの鎮痛効果をスズメで確認
2004年6月 ネイチャーバイオニュース

男のほうが高い苦痛耐性、社会的ジェンダーか生理的性差か  お金と冷水を用いた調査
2003年4月 EurekAlert Higher pain tolerance in males can't be bought

なぜ男はよく痛みに耐えられるのか
2002年12月 New Scientist Why males bear pain better
2002年12月 BBC News Sexes 'feel pain differently'


天然の体内鎮痛剤を左右する女性ホルモンと遺伝子
2003年2月 EurekAlert! Pain and the brain: Sex, hormones and genetics affect brain's pain control system
 Brain's natural painkillers are influenced by women's hormones and genes

カフェインは女性に鎮痛効果あり 男には効かない
2002年9月 BBC News Coffee knocks out women's pain

ここちよい香り、痛みを鎮めます ただし女性の場合だけ
2002年6月 BBC News Pleasurable smells reduce pain


痛みの個人差を考えて


もとより痛みの【性差】以前に、痛みの【個人差】のほうがでかかったりしてます。
女だからぁ男だからぁ、みたいなことやってると、かなり失礼なこと(いわゆる【性差別】ってやつ)にもなりかねない。

痛覚が過敏な人、にぶい人  感じる痛みの強さは人によって差が大きい
2003年6月 EurekAlert Brain imaging confirms that people feel pain differently
2003年6月 BBC News Brain scans prove pain responses differ

「痛がり」は遺伝子のせい? 米研究 ドーパミンの代謝に関わる酵素「COMT」の遺伝子
2003年2月 New Scientist Tiny gene changes means big differences in pain

短気な人、感情をこらえる人は痛みを強く感じがち
 お気楽な人は痛みに耐えやすい
2002年8月 United Press International  Hot tempers can make life painful

痛みを感じる機序@脳
 痛みを抑える脳内物質レベルは個人差が大きい
2001年7月 EurekAlert! Study gives first glimpse of human brain's natural painkiller system in action
2001年7月 BBC News 'Torture' study gives pain insight


痛覚の男女差を調べる際には、血中マグネシウムの濃度がどうなっているのかについてもお調べになると、よりよろしいのではないかと。
2004年7月 毎日新聞 痛み: 血中マグネシウムに関係 痛がりの人は濃度低く


痛みの強さは環境しだい


音楽で緩和される慢性痛やうつ
2006年5月 EurekAlert Listening to music can reduce chronic pain and depression by up to a quarter

美術観賞でやわらぐ痛み
 痛みが取れない? ではこの名画を一日三回、ご覧下さい
2008年9月 New Scientist In pain? Take one masterpiece, three times a day

緑の光景やせせらぎ… 自然画や自然音は苦痛を和らげる
2003年5月 EurekAlert Nature sights and sounds ease pain during common lung procedure




そして、痛みの強さは人間関係しだい


両性共に女に甘い?
 同じ痛みでも、女がやることは痛くない
2004年2月 BBC News Pain from a woman will hurt less
2004年1月 EurekAlert PAIN MAY INTERFERE WITH DEPRESSION IMPROVEMENT

愛する人の姿や、安心できる接触には鎮痛効果がある
2009/11 EurekAlert Can thinking of a loved one reduce your pain?
 大好きな誰かのことを考えれば、苦しみに耐えられる

ペットセラピーを利用する患者さんは鎮痛薬の必要量が半分で済んでいます
2009/11 EurekAlert Recovering with 4-legged friends requires less pain medication

心理状態で左右される腰痛
2004年5月 EurekAlert Psychological factors may be root of back pain
2004年5月 EurekAlert Animal studies show promise treating severe chronic pain

痛みは感情によって増加も減少もする
2009/11 EurekAlert 'Emotions increase or decrease pain': researchers

恐怖は痛みを軽くします 不安は痛みを増大させます
2001年6月 EurekAlert Fear, anxiety affect pain

痛みの経験は、それが誰かのせいなのか、によって大きく左右される
2008/12 EurekAlert Pain hurts more if the person hurting you means it
 ランダムに自動的に引き起こされる痛みと、誰かがスイッチを押して引き起こされる痛み
 同じ程度の刺激であっても、誰かによる痛みはやたら痛い

つまり、「逆境にある!」と感じると、痛みが強まる。
ここは重要なので、押さえておこうね。

暗示しだいで痛みが変わる


「痛み」の信号処理は、感情と密接に関わっている。
パニくれば無痛になるし、音楽(安全な環境である信号)に鎮痛効果があったり、イヤなヤツといれば痛みがひどくなるし、多様な変化を見せてくれる。

簡単な瞑想トレーニングで痛みが和らぐかも
2009/11 EurekAlert Study shows brief training in meditation may help manage pain

疼痛は、見る人の眼しだい
2008/11 EurekAlert Pain is in the eyes of the beholder
 慢性痛の患部の見え方を変えるだけで、痛みが増減するんです
 痛む手を動かすときに、手を拡大して見せると、痛みが増大する
 小さく見せると、痛みが軽減する

2008年度イグ・ノーベル化学賞
『高価な偽薬(プラセボ)ほど、安い偽薬よりも効果が高い』
 米デューク大学のダン・アリエリー行動経済学教授は入院した際に、やけどの痛みで夜に飛び起きる患者が、看護師から鎮痛剤を受けてすぐ 眠る様子を何度となく見かけた。看護師から注射は単なる生理食塩水だと聞かされ、偽薬とその効果に注目。
 〜cnn.co.jp

女性は男性より痛みに強いのか?
 いかなる固有の生物学的要素よりも、痛みに関しては社会・文化的要因と心理的な影響のほうが大きい
2008/11 PhysOrg Probing Question: Do women have a higher pain threshold than men?


場合によっては、「研究者を女性がキモがってより痛みを強く感じていました」みたいな事態もありうるわけで、ご注意を。

恋人のタッチが痛みを和らげるオキシトシンをもたらす効果などについて
     ↓


→●本『 オキシトシン 私たちのからだがつくる安らぎの物質 』




以上、2005年8月に記した旧ブログ記事の復刻改稿でした。

 →『ミニ特集:痛み』





ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。


●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む