このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  男の分析本『介護する息子たち 男性性の死角とケアのジェンダー分析』

科学に佇む書斎



介護する息子たち 📖 
「男らしさ」という<呪い>は親の介護で牙をむく!
この本に記される痛烈な指摘を直視できる男性は、日本にはどのくらいの割合で存在できているだろうか。

科学の本成人した男性の息子としての経験は、ほとんど語られずにいる。息子としての男性の不在は、夫としての男性、父としての男性の経験や、あるいは娘としての女性の経験への注目と比較してみると、よくわかる。

科学の本男性が他者と関われないのは、自立・自律を目指すから、ではなく、私的領域において親密に関わる他者を、自分とは別の人格をもつ個人として認めていないから、である。

科学の本男性介護者は「世話すること」においては熱心なのだが、一人で仕切りたがり、自分以外の人間の関与と介入を遠ざけることによって、彼ら自身だけでなく、彼らに世話されている高齢者の孤立をも招きやすい。

科学の本親がひとりでもやっていける状態に留め置くことを目的とする息子にとって、自分がまめにケアしなければいけない状態に親があると認めることは、その目的が既に達成不可能にあることを意味する。

科学の本わたしたちが「昔からそうだった」ように感じている「介護は嫁のしごと」という「常識」は近代以前にはありえず、したがって歴史の浅い慣行である。
 例えば、近世の武家において親の介護は息子の役割とされ、忠孝の精神のもと、老親介護は公務にも匹敵するしごとと考えられていた。





介護する息子たち: 男性性の死角とケアのジェンダー分析


『介護する息子たち 男性性の死角とケアのジェンダー分析』
 平山亮
 勁草書房
 


親を自立させる(介護がいらない状態に持ち直させる)ことができない男は_男として負け犬だ_というジェンダーの呪詛。
周りの女性から日々あたりまえのように配慮をされて暮らしていながら、その配慮の存在を無視することによってはじめて成り立つ男の「自立・自律」。
「女性の役割」を他者に押し付けた上で「男」を発揮するという、関係性の逆境に日々殴られ続けることになる男。
のみならず、ジェンダー呪いが浸透した社会では、男自身を縛る呪いだけでなく、「悪気のない」近所のおばさんからかけられる言葉の呪い(グッサリ)もあるわけで、これはキツイ。

息子が要介護の親の終末期医療を台無しにするというパターンは、
小笠原文雄著→●本『なんとめでたいご臨終』
にも、たいへん残念な事例(しかもありがち)として記されているわけで、息子による「自分の見栄(自分の心の解決)としての介護」が、家族の心を無視して行使されてしまう、この仕組みの根深さはキツイ。



→『ミニ特集:ジェンダーな社会系の本』
→『ミニ特集:助け、助けられる介護現場の本』
→『ミニ特集:家族家族家族 その1』
→『ミニ特集:家族家族家族 その2』
→『ミニ特集:家族家族家族 その3』
 



【2017/02/27】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・