このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  科学ロマン新書『宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで』

科学に佇む書斎



回る宇宙 📖 
図書館によっては電子書籍を貸出しています。
宇宙の始まりから終わりまでを空前のスケールで考察しまくる人知を超えた楽しさの好評新書。

科学の本ビッグバンを元年とする宇宙暦で5万年の時点に降り立ったとしよう。超高性能の耐熱服に身を包み外に飛び出しても、どこもかしこも同じように白くギラギラと輝く光景が見えるだけである。(このときの温度は約1万度)

科学の本温度が4000度以上で電子が自由に動き回っているときには、光は電子に散乱されてまっすぐには進めない。温度が3000度付近まで低下した宇宙暦38万年頃になると、宇宙空間はほぼ透明になって、光はまっすぐ進むようになる。

科学の本現在、銀河間にある電離したガスの温度は、1万度以上の高温になっている。ただし、1立方メートル当たりの原子数が10個程度ときわめて希薄なので、宇宙空間に置かれた物体が銀河間物質によって温められることはない。


科学の本現在の地球上では、単離した水素原子はほとんど存在せず、すぐに化学反応を起こして水などの水素化合物になるが、初期の宇宙は、水素化合物があったとしてもすぐに分解してしまうほど温度が高かった。

科学の本棒渦巻銀河の割合は、当初予想されたよりも高く、全渦巻銀河の3分の2には何らかの棒構造があると見られる。天の川銀河は、かつては棒のない渦巻銀河と考えられていたが、近年の観測によって、棒渦巻銀河であることがわかった。


科学の本天文学者が思い描くブラックホール像は、ここ数十年の間に大幅に変化した。宇宙空間のどこかに潜み、うっかり近づいた哀れな宇宙船を引きずり込むアリ地獄のようにイメージする読者がいるかもしれないが、こうした見方は、もはや過去のものである。

科学の本われわれ人類は、長期にわたって安定している宇宙に次々と登場する無数の知的生命の一つではなく、混沌から静寂へと向かう宇宙史の中で、凝集と拡散が拮抗し複雑な構造の形成が可能になった刹那に生まれた、はかない命にすぎない。





『宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで』
 吉田伸夫
 講談社ブルーバックス
 


年々凄みを増してきている宇宙探索と量子力学の醍醐味が、本書ではきれいに整理されていて読みやすい!

2017年12月 BBC News  Farthest monster black hole found
2017年12月 LiveScience  What If the Big Bang Wasn't the Beginning? New Study Proposes Alternative

ブラックホール 暗黒エネルギー ド・ジッター宇宙 インフラトン場 宇宙背景放射 プランク分布 暗黒物質 ビッグリップ ビッグクランチ ビッグウィンパー…
自分の人生にはさっぱり関わりのない超絶スケールな「真実」探求の妙味を堪能しよう。




電子書籍もあります Kobo版↓

Kindle版電子書籍 ↓

宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス)




→『ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る その1』
→『ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る その2』
→『ミニ特集:量子や物理で宇宙を語る その3』
 



【2017/03/09】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・