このサイトの中を      2018年前半ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  大人もおどろく「夏休み子ども科学電話相談」

科学に佇む書斎
【2017/07/24】


夏休み子ども科学電話相談 
2016年の子ども科学電話相談から選り抜かれた名答大集結!
おおぜいの手練の先生たちが、ぶっつけ本番でわかりやすく科学知識のツボを教えてくれるよ。

科学の本藤田貢崇 ”雨の降ったあとのにおいは「ゲオスミン」っていう物質です。細菌によって作られるにおいなんですけど、カビのにおいだとか下水のにおいとか、よく言われます。人間は、このゲオスミンをすごく敏感に感じるって言われていて、雨のあとの独特のにおいになってるんです。”

土壌細菌が作り出す「ゲオスミン(ジェオスミン)」


科学の本林公義 ”「紅ショウガ」の液を、おかあさんから少しもらって、魚の体からとった1枚のウロコを、その紅ショウガの液の中に、ちょっとだけ入れておくの。10分ぐらいでいいかな。
 それでウロコを見ると、今まではよく見えなかったところに、赤い色の濃いスジが出てきます。そのスジを数えるとね、魚の歳がわかるんです! これが一番簡単な方法ね。”

科学の本矢島稔 ”(トカゲのしっぽは)骨と骨の継ぎ目から切れるんじゃないんですよ。しっぽの骨の真ん中あたりに、最初から切れ目が入ってるんです。
 危ないと思ったら、その切れ目から切って逃げちゃう。だから切れても血が出ないし、そのままにしておけば、だんだん伸びてしっぽみたいになるんです。”



ちょっと血が出ることはあるみたいです、でも「腕がもがれたとき」みたいな大出血にはならない。

科学の本藤田貢崇 ”アイスクリームとかカキ氷とかを食べると、のどを通りますよね。そのときに、のどが急に冷やされてしまうんです。
 体の温度が冷えてくると、もとの温度に戻そうとして、血液がたくさん流れるようになるんですね。血液がたくさん流れて、頭のほうに血液が多くなるので、頭が痛くなるんです。
 冷たいものを食べて頭が痛くなるのを、医学的には「アイスクリーム頭痛」って言います。これ、正式な名前なんですよ。”

科学の本藤田貢崇 ”冷たいものを食べると頭が痛くなる「アイスクリーム頭痛」、予防する方法が実はあるんです。
 それはですね、アイスクリームとかカキ氷を食べる前に、少し冷たい水を飲んでおくって方法なんですね。
 そうするとある程度、のどが冷やされているので、これで「あっ、冷たいものが入ってくるんだな」って準備ができるので、急に頭が痛くなることはない、と言われています。”







『大人もおどろく「夏休み子ども科学電話相談」』
  鋭い質問、かわいい疑問、難問奇問に各界の個性あふれる専門家が回答!
 NHKラジオセンター「夏休み子ども科学電話相談」制作班
 サイエンス・アイ新書
 


番組のホームページはこちら
 リンク『 #夏休み子ども科学電話相談 』NHKラジオ第一

番組のネット配信はここ
 リンク NHKネットラジオ『らじる★らじる』

放送後の一週間ほどは「聴き逃し配信」としてネットで聞くことができます
 リンクNHKネットラジオ:聴き逃し番組を探す


電子書籍版もあります ↓



 →『ミニ特集:教育・児童心理の本 その1』
 →『ミニ特集:教育・児童心理の本 その2』
 →『ミニ特集:教育・児童心理の本 その3』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。

ご援助いただきましたことは重ね重ね御礼申し上げます。
ただ、たいへん怖い状況変化を観測した関係で、現在は窓口は閉じております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む