このサイトの中を      2018年前半ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  2017年に拝読した書籍からこれベスト

科学に佇む書斎
【2018/01/02】

2017年拝読ベスト本

endBooksの人が2017年に拝読した中から「特にこれ!」を選んでみました。


赤本EmojiOne黒

読んだ時期が今年だった、ということでして、各書籍の出版年はバラバラです。

■ 順不同


進化 -=-=-=-=-=-=-=-=


こちらで紹介
→●本『生命、エネルギー、進化』
┗ 生命の根源に迫る、超初期の細菌の成り立ちについて、今の分子生物学などの新知見を用いてグリグリ突っ込んでいくベストセラー。


こちらで紹介
→●本『人類進化の謎を解き明かす』
 ┗ ダンバー数で有名なロビン・ダンバーさんが注力!
今のツールを用いると見えてくる過去の経緯がこんなにビビッド!
どのように推理でき、どんな解釈が可能なのかが具体的によくわかる
関係性(社会)保全コストの収支と脳進化の研究はここまでロジカルに進展しているのだ!


こちらで紹介
→●本『ヒトの起源を探して 言語能力と認知能力が現代人類を誕生させた』
 ┗ 人類の進化研究と認知考古学を駆使して、ゼロ年代までの古人類学の成果をひとまとめ!
多種多様なヒト科化石の発見それぞれの意味や重要性と相関関係がわかりやすいし、ヒト科生物の豊富さと多様性もよく実感できるんだ。

生物・環境 -=-=-=-=-=-=-=-=


こちらで紹介
→●本『 環境制御のための植物生理 オランダ最新研究 』
 ┗ 前年にたくさん植物本を拝読した上での、今年はこれがすごかった。
タイトルからしてこんなもん堅くてつまらないだろう…どころかめっちゃピシピシわかりやすい言い回しで予想外に面白い!
 「そうか!うちのサボテンは夜にUSB扇風機の風を当てるようにしたから調子いいいのか!」とかわかって感激。
 掘り出し物感が強いスグレモノ!


こちらで紹介
→●本『チベット高原の不思議な自然』
 ┗ チベットの動向(絶望)に関してはかなり読んでいたので、この面からの報告が読めることは嬉しい。
この世で今しか観察することができないかもしれない貴重な世界を垣間見ることができた研究者さん二人が報告する異邦の地研究記。
じっくり読ませてくれて、満足感も高い。

医療・生理学 -=-=-=-=-=-=-=-=



こちらで紹介
→●本『あなたの体は9割が細菌』
 ┗ 海外で広まりつつある糞便移植治療についてはもちろん、肥満、糖尿病、腸炎、アトピー、喘息、そして自閉症の症状を左右する事例にも注目するなど情報量が多く、とても読み応えのある仕上がり。


こちらで紹介
→●本『「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する』
 ┗ 「健康ですかー」「続けてます!」などと意味不明なまでに盲信化しているCMとか、ねぇ…
信教の自由ならぬ、一種の「健康の自由」、「ほかに救済感のアイコンが見つからない」人たちがすがりつく先は…。


こちらで紹介
→●本『日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一』
 ┗ 具体的な数字で、日本の医療パワーを示してくれる。
日本の医療の何を改善すべきで、現状の何を守るべきなのか、考察の手がかりに便利なのだ。

技術 -=-=-=-=-=-=-=-=



こちらで紹介
→●本『「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク』
 ┗ 橋とトンネルの本だけれど、橋ネタが熱い!
珍橋奇橋、東京ゲートブリッジ、中国の高速建設メガ重機、錦帯橋の架替、NTTのビルに突き刺さる橋、ベタ踏みしなくてもいいベタ踏み坂…
橋を見る視線がめっちゃ燃えあがっちゃうよ。

文化 -=-=-=-=-=-=-=-=



こちらで紹介
→●本『歴史家の城歩き』
 ┗ ものすごい泥沼へのいざない。
前年にたくさん城郭本を拝読した上での、今年はこれがすごかった。
お城入門の段階は卒業して実際に山城めぐりをしたことがあるレベルの人向けの、本格「あなたもできる戦国城郭構造発見」の旅!


こちらで紹介
→●本『民衆史の遺産 第10巻 憑きもの』
 ┗ この巻に限らず、『民衆史の遺産』は全巻まとめてオススメ。ボリュームとセレクションがスゴイ。
金額的に買える人はいないと思うので(!)、図書館利用オススメ。


こちらで紹介
→●本『中世実在職業解説本 十三世紀のハローワーク』
 ┗ 古今東西さまざまな職業を、ゲームカード風に落とし込んで紹介しまくったその数100以上!
大量の資料を駆使して盛り込まれるうんちくは創作クラスタのツボ付きまくりで美味しさ満点っ。


こちらで紹介
→●本『仏教発見!』
 ┗ 思いの積み重ねのありがたさがじわじわじわじわズシンズシン来るのだよ。
古代の巨大道路や現代の虚仮威し箱物とは次元の違う、「思いのありったけを何とかするために作るしかないと思い詰めた先の_大仏_」という重さ。
そしてそれを語る西山厚さんという稀有な語り手。

育児・教育 -=-=-=-=-=-=-=-=



こちらで紹介
→●本『アメリカの大学の裏側』
 ┗ シビアな実態、仕方ない実態、なぜそうなっているかの実際など、把握すべき要点が、要所要所の数字もふんだんに濃密かつスムーズに連射される!

こちらで紹介
→●本『「学力」の経済学』 中室牧子
 ┗ やっと日本の教育に対するまともなツッコミが出はじめた、そんな中の一冊だ。
親なら読んどけエビデンス!


こちらで紹介
→●本『世界標準の子育て』
 ┗ 難しい理屈や、親のトラウマえぐり抜きで、教育研究の成果の要点を「伝わりやすく」まとめてくれていて安心して読めるのだ。
上2冊がトップダウンの教育制度を考える本なら、こちらはボトム層の家庭内向け。


こちらで紹介
→●本『うちの子って発達障害!? ただいま子育て迷走中』
 ┗ いろいろ類書がある中、「スゴイ」と思わせてくれた逸品。
下手な参考書より、身に染みる実体験連発で、強力推しです。

人生と社会 -=-=-=-=-=-=-=-=



こちらで紹介
→●本『自殺の歴史社会学』
 ┗ 昔は「自殺」というくくりは存在しなかった。
そんな事実を忘却した我々は、「意味を無視して」命を金銭に換算せざるをえないスムーズな社会に生きている。


こちらで紹介
→●本『なんとめでたいご臨終』
 ┗ その道のプロが適切に対応してくだされば、あなたのご臨終はこんなに幸せにやってくる!
あまたの見送りに携わってきた日本在宅ホスピス協会会長さんの語りはほんとにスゴイんだ。


以上、2017年拝読の印象強かった書籍たち。

皆さんからのご援助を力に、2017年も無事生き延びることができました。ありがとうございます。

 →『2016年拝読ベスト』
 →『2015年拝読ベスト』
 →『2014年拝読ベスト』
 →『2013年拝読ベスト』
 →『2012年拝読ベスト』
 




ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。

ご援助いただきましたことは重ね重ね御礼申し上げます。
ただ、たいへん怖い状況変化を観測した関係で、現在は窓口は閉じております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む