このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  皆保険『日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一』

科学に佇む書斎



日本の医療、くらべてみたら 📖 
年間拝読ベスト入り!
具体的な数字で、日本の医療パワーを示してくれる。
異国では病気になるとたいへんな目に遭うかもしれないことを考えれば、なにがなんでも日本の医療を疲弊させないよう配慮したくなる。

…いやね、こないだテレ東のビジネス系番組で紹介されてたんだけど、カンボジアで脳卒中になると、救急車で搬送される前にたっぷり時間をかけて「祈祷」されなくちゃならなくて、いざ救急車が発車しても、救急車の通行を優先させる制度がなくて普通に渋滞に巻き込まれるわで「これ絶対死ぬわ」状態だった。

科学の本医療水準という点では、日本の医療はアメリカよりもずっと均質化されています。厚生労働省の表現を借りると、日本の医療は「均霑(きんてん)化」を目指しており、日本は医師レベルだけでなく、医療機関レベルでも均質化されていると言えます。

科学の本日本の看護師は入院患者のベッドメイキングもすれば、食事の配膳、風呂上がりには患者の体を拭いたりもします。
 こういうことは欧米の看護師はまず、しません。欧米ばかりではなく、中国や韓国などアジアでも見られない。


科学の本日本人は、インシュリンの分泌量が欧米人より少ない。つまり、体質的に糖尿病になりやすいわけです。にもかかわらず、糖尿病患者の割合が低いのです。

科学の本中国の病院では処方される薬の量が半端ではなく、なにしろ病院の売り上げの約半分が薬で占められているほど。薬をめぐる裏金がからんでいるのです。

科学の本救急患者のたらい回しが起きるのは、救急病院の看板をあげているわりに、その態勢がちゃんと整っている病院が少ないからです。
 それに加え、日本では夜中に子どもが少し熱を出したという程度でも救急車を呼びますが、これは海外ではまずありません。

科学の本日本では救急車は無料ですが、海外では有料の国もあります。オーストラリアのゴールドコーストでは9万円。タクシーのように距離によって課金される場合もあります。
 なかには無料の国もあるものの、海外ではおしなべて高額で、おいそれと救急車を呼べないことがわかります。

科学の本日本の医療制度は国民皆保険に象徴されるように、末端まで漏れなくカバーしようとする扶助精神が強いのですが、近年、これを他国が見習おうとする動きも出ています。



日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一 (講談社 α新書)


『日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一』
 真野俊樹
 講談社+α新書
 


ファンタジーな「こういう治り方・治し方でなければならない」妄念が不必要な不幸感を生み出しているケース、見聞きしていませんか。
無い物ねだりでかえって人生の質を損ねる実例になっていませんか。

同じ著者さんの作品
→●本『入門医療経済学「いのち」と効率の両立を求めて』


電子書籍化もされています ↓



 →『ミニ特集:医療のさまざまな面を見る本 その1』
 →『ミニ特集:医療のさまざまな面を見る本 その2』

 →『ミニ特集:医療問題を社会学する本』
 →『ミニ特集:医療の問題を見る本』
 




【2017/03/10】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・