このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:中国について読む本 その3

科学に佇む書斎
【2017/08/16】

日中は異文化だから面白い
『日中は異文化だから面白い 言語と文化のプロたちが綴るエッセイ集』
『世界史のなかの中国 文革・琉球・チベット』
『中学生に教えたい日本と中国の本当の歴史』


日中は異文化だから面白い: 言語と文化のプロたちが綴るエッセイ集



『日中は異文化だから面白い 言語と文化のプロたちが綴るエッセイ集』
 相原茂 編 現代書館

●日中の語学学習に携わる講師さんたちが日々経験したおもしろエピソードを思い思いにご紹介。
 軽く読める友好の書です。

科学の本岸弘子 ”中国の人も「買うなら白い車」と言います。黒い車を買ったら、結婚式や葬式がある度に借り出され、赤い車なら、祝い事の度に借用されてしまうからだそうです。”

科学の本芳沢ひろ子 ”中国語の「以上」「以下」は『現代漢語詞典』によるともともと方位詞で、それぞれ「ある一点の上にくる」「ある一点の下に来る」ということで、「nを含むかどうか」など数学的な定義付け用語ではない。曖昧なのが当然なのかもしれない。”







『世界史のなかの中国 文革・琉球・チベット』
 汪暉 青土社

●中国のエリートが、中国国内向けに、中国の国際的体面について、優等生的に言説を編み上げた本。
 きっちりウラを読み解くことができるだけの知識量が要求される、かなり高リテラシーな人向けの内容。

こちらで紹介
→●本『世界史のなかの中国 文革・琉球・チベット』



『中学生に教えたい日本と中国の本当の歴史』
 黄文雄 徳間書店

●異国の把握は、異国人と知り合うこと、異国に滞在してみること、そして定評のある書籍を複数読み通すことが大事(2〜3冊程度じゃ無理)。
 本腰を入れて多角的に見ないとうまくいかない。

こちらで紹介
→●本『中学生に教えたい日本と中国の本当の歴史』


 →『ミニ特集:中国について読む本 その1』
 →『ミニ特集:中国について読む本 その2』

 →『ミニ特集:中国の科学について読む本』
 →『ミニ特集:科学技術大国「中国」2016』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む