このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:北海道の生態系

科学に佇む書斎
【2017/08/15】

北海道の動物たち
『サケ学大全』
『北海道の森林』
『ザリガニの生物学』
『北海道の動物たち 人と野生の距離』
『北海道水辺の生き物の不思議』
『日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学』



『日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学』
 坪田敏男、山崎晃司 編 東京大学出版会

●クマ研究の現状総まとめ!
 生態、保護管理、人工授精、そして民俗伝承も。
 GPS受信器を装着したヒグマの移動距離(札幌〜滝川)のスゴさとか、高速道路をふつうに横断する熊とか、キテます!

こちらで紹介 
→●本『日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学』

北海道の動物たち 人と野生の距離



『北海道の動物たち 人と野生の距離』
 千嶋淳 ホーム社

●日本野鳥の会・十勝支部のおにいさんが気負わず広く語ってくれます。

こちらで紹介
→●本『北海道の動物たち 人と野生の距離』


北海道 水辺の生き物の不思議


『北海道水辺の生き物の不思議』
 川井唯史 編 北海道新聞社

科学の本堀繁久 ”ゲンゴロウは肉食なので死ぬとアブラが出て、色が変わって黒ずんでしまいます。できるだけ生きている状態で見るか、死んで間もない新鮮なうちに色や模様を観察することをおすすめします。”

科学の本池田幸資・照井滋晴 ”たくさんのエゾサンショウウオの幼生を同じ水槽で飼っていると共食いを始めてしまいます。そして、共食いをし合う幼生の中には、「共食い型」と呼ばれる姿に変身するものが現れます。他の幼生と比べてあごの幅が広がり、共食いに有利な形をしています。”

科学の本池田幸資・照井滋晴 ”アイヌ語ではサンショウウオをチェッポ(淫魔の小魚)などと呼びます。春先に集団で繁殖する様子からこのような呼び名がついたのかもしれません。”





 →『ミニ特集:北海道』
 →『ミニ特集:北海道のジオパーク』
 →『ミニ特集:2000年有珠山噴火を記録した!』
 →『ミニ特集:北海道の地学や鉱物の本』
 →『ミニ特集:北海道の昆虫』

 



このページ 『ミニ特集:北海道の生態系』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む