このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:ヒト行動とインターネット その3

科学に佇む書斎
【2017/07/17】

インターネットの次に来るもの
『ネット炎上の研究 誰があおり、どう対処するのか』
『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』
『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』





『ネット炎上の研究 誰があおり、どう対処するのか』
 田中辰雄 勁草書房

●この本の出版を契機に炎上についての認識がネット内外でかなり刷新された、当時のお役立ち本。

こちらで紹介
→●本『ネット炎上の研究 誰があおり、どう対処するのか』



『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』
 ケヴィン・ケリー NHK出版

●原題は『不可避』。
 もうこうなっていくことは不可避なのだと。
 人気がある本だけど、内容はぶっちゃけ「未来ポエム」っぽい。
 まあ、「未来」を語る上ではポエムになるのは仕方ないことかもしれない。

科学の本大量のコピー問題はなくならない。大規模な情報のトラッキングや全体的な監視状況は変わらない。所有はなくなっていく。バーチャル・リアリティー(VR)はリアルになっていく。

科学の本遍在する監視は不可避だ。システムがトラッキングするのを止められないなら、関係性をもっと対称にするしかない。それが文明化された共監視の方法だ。そのためには技術的な修正と新しい社会規範の両方が必要になる。
 SF作家のデビッド・ブリンはこれを「透明化社会」と呼び、1999年の同名のタイトルの著書でその考えをまとめている。

 




 →『ミニ特集:ヒト行動とインターネット その1』
 →『ミニ特集:ヒト行動とインターネット その2』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む