このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:日本の2010年代、政治観を語る本

科学に佇む書斎
【2017/07/11】

日本でテロが起きる日
『政府はもう嘘をつけない』
『憲法という希望』
『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』
『日本でテロが起きる日 佐藤優の地政学リスク講座2016』



『政府はもう嘘をつけない』
 堤未果 角川新書

●トランプ逆転勝利直前の、歴史の一瞬の横断面がメモリアル的にコンパクトに読める。

こちらで紹介
→●本『政府はもう嘘をつけない』



『憲法という希望』
 木村草太 講談社

●気鋭の法学者さんが憲法の存在意義をピシィーッと語る。
 国谷裕子さん(ex.クローズアップ現代)との対談も読み応えあり。

こちらで紹介
→●本『憲法という希望』



『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』
 マーティン・ファクラー 双葉社

●日本を長年取材してきたニューヨーク・タイムズ記者が、一旦離職して朝日新聞に縁故があるシンクタンクに参加している状態で、朝日バッシングの経過や安倍政権のメディア操作傾向、そして日本の新聞社の未来に対する危惧などについて記したもの。

こちらで紹介
→●本『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』



『日本でテロが起きる日 佐藤優の地政学リスク講座2016』
 佐藤優 時事通信出版局

科学の本いろんなコメンテーターがテレビや新聞でコメントしていますが、どうも分かりにくくありませんか。実は、コメントしている人が分かっていないからです(笑)。自分が分からないことについては、周りに対して分かりやすい説明は絶対にできない。

科学の本禅の公案で「ウサギの角の先は尖っているか、それとも丸いか」というものがあります。でも、そもそもウサギには角がないんです。つまり、議論すること自体が間違いという問題があるということです。

科学の本ホブズボームは第1次世界大戦と第2次世界大戦は区別するべきではないとも言っています。あれは「20世紀の31年戦争」であって、間に少し休みが入っただけだとしています。これは説得力がある考え方だと思います。

科学の本お父さんお母さん自身が高等教育を受けていないと、高等教育の世界がどういうものか分からないから、子どもに適切なアドバイスができなくなります。そうすると、子どもの持つ夢が小さくなってくる。



 →『ミニ特集:日本の社会に問題を見る本 その1』
 →『ミニ特集:日本の社会に問題を見る本 その2』
 →『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その1』
 →『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その2』
 →『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その3』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む