このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト どこから来るのか、なぜ起こるのか

科学に佇む書斎
【2015/07/08】



ガンマ線バーストNASA『宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト どこから来るのか、なぜ起こるのか』

この本は図書館によっては電子書籍を無料貸出していることがあります。

科学の本ガンマ線バーストが発見されたのは1967年(昭和42年)ですが、1997年まで本質的な理解が進みませんでした。発見から30年間もその原因がわからなかった現象は珍しい例です。

科学の本1960年代は天文学にとって非常に特別な時代です。ガンマ線バーストが発見されたのは1967年(昭和42年)です。電波パルサーもX線星も同年に発見されています。2.7Kのマイクロ波の背景放射もこの頃に発見されています。
 現代天文学で重要な役割をはたす天体のほとんどがこの頃に発見されているのです。

科学の本鉄はありふれた元素ですが、宇宙ではとても特殊な元素で、核融合が鉄で終わるのは宇宙で一番安定な元素だからです。

科学の本おうし座に発生し、昼でも明るく爆発が見えたと藤原定家の『明月記』に記録されていたのは、1054年に起きた超新星の爆発だったのです。その残骸がかに星雲(メシエ番号M1)です。











『宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト どこから来るのか、なぜ起こるのか』
 村上敏夫
 講談社ブルーバックス
 






電子書籍版もあります ↓



 →『ミニ特集:ビジュアル系の宇宙の本』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その1』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その2』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その3』
 →『ミニ特集:宇宙の不思議を冒険する本 海外系その1』
 →『ミニ特集:宇宙の不思議を冒険する本 海外系その2』





ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む