このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  古市くん、社会学を学び直しなさい!!

科学に佇む書斎
【2016/10/26】



古市くん、社会学を学び直しなさい『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』

若手社会学人の古市くんが、「社会学って**?」を尋ねて回ったお相手は、小熊英二、佐藤俊樹、上野千鶴子、仁平典宏、大澤真幸、宮台真司、山田昌弘、鈴木謙介、橋爪大三郎、吉川徹、本田由紀、開沼博!

科学の本古市憲寿 ”理系とは違って文系の大学教員は、全員が博士号を保有しているとはかぎらない。また本来は「学者」と年齢は関係がないはずだ。”

科学の本小熊英二 ”理論や手法というのは、イディオムのようなものです。とりあえず使えばすぐに役に立つけど、そればかり繰り返しても自動装置みたいで同じことしかできない。”

科学の本小熊英二 ”子育て状況の変化に対する自覚が、中央に行けば行くほどない。霞が関や永田町は、ほぼもれなく専業主婦のいる人が作っている、古い世界だからです。”


→●本『生きて帰ってきた男 ある日本兵の戦争と戦後』 小熊英二

科学の本宮台真司 ”昔の学生といまの学生だと、学びのスピードが違うんです。昔の学生が一日でやったことを、いまの学生は一週間かけてやる。スピードがすごく遅いんです。”


 →『ミニ特集:宮台真司』

科学の本山田昌弘 ”日本では、まだ前期近代的な考えが根強く残っています。終身雇用だとか安定を望む学生が多いのも、その現れです。多少景気がよくなると、前期近代に戻れるんじゃないかという人が増えてしまうのが困ったところです。”

科学の本佐藤俊樹 ”僕が持っている仮説の一つは「社会学者に無限の寿命を与えたら、最後は全員宗教家になる」というものです。”










『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』
 古市憲寿、小熊英二、佐藤俊樹、上野千鶴子、仁平典宏、大澤真幸、宮台真司、山田昌弘、鈴木謙介、橋爪大三郎、吉川徹、本田由紀、開沼博
 光文社新書
 


小説宝石での連載稿を元に、書き下ろしを追加。
さらりと読めて、社会学業界のうちわ事情も楽しめるオトク仕様な軽めのスナック。





電子書籍版もあります ↓



 →『ミニ特集:日本の社会を語る本』
 →『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その1』
 →『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その2』
 →『ミニ特集:日本の社会変化を語る本 その3』
 →『ミニ特集:宮台真司』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む