このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:中国に漢字を見る本 

科学に佇む書斎
【2017/04/19】

漢字
『同訓異字』
『呪の思想 神と人との間』
『漢字の世界 中国文化の原点』
『漢字はすごい!』


白川静の字源世界については疑義や異論をお持ちの方もいらっしゃるようだけれど、90年代末から急速に浸透してきてしまった「なんでもかでも今の合理思考で解釈してしまってかまわない」風潮もひどすぎると思うんで、かまわず鋭意創作(ハイファンタジー)に用いていただきたいそんな淫靡な中国漢字の世界。


『同訓異字』 白川静 平凡社

●体裁は漢字辞典。
 さまざまな古代漢字の意味、用法が古代中国の呪術思考てんこ盛りで記載されている。

科学の本漢字の「与」は象牙を二本組み合わせた形。象は殷(いん)代にはなお河北にも多く棲息しており、殷虚には象牙の遺品が多い。

科学の本漢字の「医」は、秘匿のところに矢をおく形。矢は呪矢、病魔を被う厄除けの矢、これを殴(う)って病魔を祓う。

科学の本漢字の「卒」は死者の襟(えり)もとを合わせる意。魂の脱出を防ぎ、邪霊の憑(よ)りつくを戒めるためである。

科学の本漢字の「殺」は祟(たたり)をなす獣を殴(う)つ意。これを殺すことによって、自らに加えられている禍殃[かおう わざわい、不幸]を減殺(げんさい)することができた。

科学の本人の俊逸なるものを俊、馬の俊逸なるものを駿という。




『呪の思想 神と人との間』 白川静+梅原猛 対談 平凡社

こちらで紹介
→●本『呪の思想 神と人との間』



『漢字の世界 中国文化の原点』 白川静 平凡社ライブラリー

●あまりにも有名な古代漢字学の大先生、白川静(しらかわしずか)氏。その厖大な知識の粋と慧眼が、コンパクトに文庫でゲットできるとは!

こちらで紹介
→●本『漢字の世界 中国文化の原点』



『漢字はすごい!』 山口謠司 講談社現代新書

こちらで紹介
→●本『漢字はすごい!』


 →『ミニ特集:中国に民俗を見る本 その1』
 →『ミニ特集:中国に民俗を見る本 その2』
 →『ミニ特集:中国ソシャゲ用資料』
 →『ミニ特集:中国について読む本 その1』
 →『ミニ特集:中国について読む本 その2』
 →『ミニ特集:中国の科学について読む本』
 



このページ 『ミニ特集:中国に漢字を見る本 』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む