このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  日本と世界の塩の図鑑

科学に佇む書斎
【2016/11/27】



日本と世界の塩の図鑑『日本と世界の塩の図鑑 日本と世界の塩245種類の効果的な使いわけ方、食材との組み合わせ方』

黒い塩、赤い塩、トリュフ塩からピラミッド塩!
シオってこんなにいろんな種類があったの!?
びっくり塩知識モリモリな塩カタログ!

科学の本塩を構成するミネラルにはそれぞれ味があります。大まかにいうと、ナトリウムがしょっぱさ、マグネシウムが苦味とうまみ、カルシウムが甘味、カリウムが酸味となります。

科学の本海水塩の場合、塩を釜から採取するタイミングによって、ミネラルのバランスが変化します。岩塩の場合はナトリウムの構成比が高くなります。

科学の本日本で年間に生産される塩の量は約93万t(2014年)、年間の日本の使用量は約800万t。
 消費量は世界第6位でありながら、生産量は世界第32位。実は日本は世界第3位の塩の輸入大国なのです。

科学の本結晶が大きければ大きいほど、溶けるのがゆっくりなため、まろやかに感じやすく、小さければ小さいほど溶けるのが早いため、しょっばさを感じやすくなります。

科学の本塩に含まれる水分は「にがり」と呼ばれるマグネシウムとカリウム、少量のナトリウムを主体とした液体で、製法や結晶ができた後に塩を寝かせる時間によってその含有量は変わります。岩塩や湖塩にはほとんど含まれません。

科学の本暖流は貧栄養でプランクトンが少ない。暖流の海水からとれる塩は野菜に合うような、あっさりとした味に。寒流は栄養豊富でプランクトンが多く、牛肉など味の濃い食材に合うような、こってりとした味に。







『日本と世界の塩の図鑑 日本と世界の塩245種類の効果的な使いわけ方、食材との組み合わせ方』
 青山志穂
 あさ出版
 


燻製塩、イカスミ塩、ウユニの塩、宮廷の塩… 恐るべし、塩界の広さ深さよ。

世界各地の多種多様な塩245種類!について、写真や特徴、適した料理の示唆などが記してある上に、それぞれの製品の価格や販売店のサイト・電話番号まで載っているという、まさにカタログ。

塩の食べ比べをめっちゃしてみたくなってしまうけれど… うーーん。


電子書籍版もあります ↓



 →『ミニ特集:食べ物や栄養の本-1』
 →『ミニ特集:食べ物や栄養の本-2』
 →『ミニ特集:食べ物や栄養の本-3』

 



このページ 『日本と世界の塩の図鑑』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後