このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:ゲノム編集

科学に佇む書斎
【2017/02/21】

ゲノム編集の衝撃
『ゲノム編集の衝撃
「神の領域」に迫るテクノロジー』
『ゲノム編集とは何か
「DNAのメス」クリスパーの衝撃』



『ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー』
 NHK「ゲノム編集」取材班 NHK出版

●クローズアップ現代での特集がベースになった「ゲノム編集って遺伝子組み換えとどう違うの?」入門に最適な一冊。

こちらで紹介
→●本『ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー』



『ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃』
 小林雅一 講談社現代新書

●クリスパー・キャス9をはじめとして周辺の遺伝子操作手法、バイオ技術、研究者動向や今後の問題・課題など、硬派ながら盛りだくさんにまとまっている新書。

こちらで紹介
→●本『ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃』






2017年2月 朝日新聞 ゲノム編集の特許はハーバード・MIT側に 米当局決定
 米特許商標庁
 先に論文を発表したカリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授らが特許を認めた同庁に異議を申し立て、再審査されていたが、認められなかった。
 ダウドナ教授らが細菌のDNAを対象にした研究だったのに対し、ブロード研のフェン・ジャン博士らは13年に発表した論文で、マウスやヒト細胞にもクリスパーが使えることを示し、特許を申請していた。
 ダウドナ氏側は、連邦控訴裁判所に訴えることを検討

2017年2月 Science/AAAS Round one of CRISPR patent legal battle goes to the Broad Institute
2017年2月 Science/AAAS How the battle lines over CRISPR were drawn
2017年2月 Nature News Broad Institute wins bitter battle over CRISPR patents




 →『ミニ特集:遺伝子組み換えにからむ本』
 →『ミニ特集:バイオ技術を語る本』
 →『ミニ特集:創薬の世界、医薬の科学』
 →『ミニ特集:遺伝子バイテク時代と差別』
 →『ミニ特集:遺伝医療と倫理あれこれ』
 →『ミニ特集:遺伝と病、当事者と専門家の心構え』

 



このページ 『ミニ特集:ゲノム編集』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む