このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃

科学に佇む書斎
【2016/08/21】



試験管『ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃』

クリスパー・キャス9をはじめとしてゲノム編集のみならず、周辺の遺伝子操作手法、バイオ技術、研究者動向や今後の問題・課題など、硬派ながら盛りだくさんにまとめてくれている新書。

科学の本遺伝子ドライブとは、「人類にとって都合の悪い遺伝子」を人為的に駆逐する、あるいは逆に「人類にとって都合のいい遺伝子」を人為的に繁殖させる技術だ。




科学の本従来の遺伝子組み換えが基本的にはランダム(確率的)な手法であったのに対し、クリスパーはゲノム(DNA)の狙った場所をピンポイントで切断、改変することができる。

科学の本従来の遺伝子組み換えとは異なり、クリスパーでは父方と母方、両方のDNAを1回の操作で同時に改変できる。これによって複雑で手間のかかる交配実験が不要になった。

科学の本日本では、これまで豚など動物の臓器を人間に移植する異種移植は禁止されてきたが、今後は可能になる。
 厚生労働省の研究班は2016年5月、従来の指針を改め、「移植患者を生涯にわたって定期検査すること」などの条件付きで、異種移植の実施を許可した。













『ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃』
 小林雅一
 講談社現代新書
 


同じ主題で同時期に出たNHKの
●本『ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー』
を先に読んでおくと、さらに理解が深まる感じ。





電子書籍版もあります



 →『ミニ特集:遺伝子組み換えにからむ本』
 →『ミニ特集:ゲノム編集』
 →『ミニ特集:バイオ技術を語る本』
 →『ミニ特集:創薬の世界、医薬の科学』
 →『ミニ特集:遺伝子バイテク時代と差別』
 →『ミニ特集:遺伝医療と倫理あれこれ』
 →『ミニ特集:遺伝と病、当事者と専門家の心構え』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む