このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  家庭の科学

科学に佇む書斎
【2014/02/08】

家庭の科学

科学の本『家庭の科学』

スキットの日常ネタいろいろをきっかけに、縦横無尽に科学うんちくを繰り広げるモリモリ盛りだくさんな科学読み物。



科学の本皮膚は、人体で最も大きく、最も重い器官である。

科学の本岩石には長年にわたる地磁気の変化が保存されている。科学者たちがこの記録を分析したところ、地磁気は約30万年ごとに完全に逆転している(つまり、N極とS極が逆になっている)ことがわかった。

科学の本鹸化は油脂とアルカリさえあれば起こるので、まれに、地中に埋められた死体が自然に鹸化してしまうことがある。死体が埋葬された土がたまたま強いアルカリ性で、虫や細菌がほとんどいなければ、体内の鹸肪が敵化して「屍蝋 しろう」になる。

科学の本興味深いことに、妊娠22週の胎児の皮膚には、その後の人生で使うことになるすべての毛包ができあがっている。

科学の本今日のチーズの多くが、子牛に由来するレンニン(レンネット中の活性成分)遺伝子をカビなどに組み込んで大量に産生させた遺伝子組換えレンニンを利用してつくられている。






科学の本1972年の生物兵器禁止条約により、軍隊が戦争にトウガラシスプレーを使用することは禁止されたが、国内の治安のために使用することは合法とされている。

科学の本「鳥の糞」のいちばん外側にある透明で水っぽい部分が尿である。よく目立つ白いクリーム状の部分は尿酸。尿酸の中にある黒っぽい小さな塊が糞で、その色は、鳥がなにを食べたかによって変わってくる。









『家庭の科学』
 ピーター・J. ベントリー
 新潮文庫
 


宇宙、生物、メカ、化学。
「隠れ科学者」が一般人のふりをして日常生活をこなそうとすると頭ン中がこんななる!?

…うん、楽しいことは楽しいんだけど、これ「日本の日常生活」に翻案してくれないかな。
著者はイギリス在住の教授&著述家さん。
学校の理科の先生のネタ本に重宝されてるかも。





ブックオフで今の中古価格をチェック↓
【中古】 家庭の科学 新潮文庫/ピーター・J.ベントリー【著】,三枝小夜子【訳】 【中古】afb

 →『ミニ特集:科学の知識でいろいろする本 海外』
 



このページ 『家庭の科学』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む