このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  宇宙飛行士という仕事 選抜試験からミッションの全容まで

科学に佇む書斎
【2015/12/20】



宇宙飛行士NASA『宇宙飛行士という仕事 選抜試験からミッションの全容まで』


JAXA(宇宙航空研究開発機構ジャクサ)の中の人が教えてくれる、日本の宇宙飛行士さんたちのリアルいろいろだよ。

科学の本搭乗割り当て中は七割程度が「宇宙飛行士手当」として加算される。JAXAは宇宙飛行士に「危険」な業務への従事を要求していないとの原則論を崩さず、「危険手当」はない。

科学の本搭乗期間中は「低軌道長期出張」として取り扱われる。ISSまでの移動はソユーズ搭乗の現物で賄われ、三度の食事は宇宙食で、宿泊施設は軌道上の個室クルークォーターが現物で支給されるので、出張費は出ない。

科学の本六ヵ月の滞在で何も対策を講じないと、筋量は20%程度、骨量は10%程度減少する。放射線被曝は90〜180ミリシーベルトに達する。太陽活動が爆発的に活発になるフレア現象の際には放射線環境が急変するので、地球に帰還する必要性も生じる。




宇宙飛行士という仕事

科学の本ISSで水は貴重品だ。一人につき一日あたり約3.5リットルの水が必要になる。六人の搭乗員が軌道上で生活するには一年間で約7.5トンの水が必要となる。

科学の本野口宇宙飛行士は日清食品と協力して、汁にとろみをつける工夫をして、従来は持ち込めなかったラーメンを宇宙食として宇宙で食べることに成功した。

科学の本訓練の目的は、本番で様々な状況に遭遇した時、適切に対応するための経験値を上げることですから、失敗は経験すべきだと思います。









『宇宙飛行士という仕事 選抜試験からミッションの全容まで』
 柳川孝二
 中公新書
 中央公論新社
 





 →『ミニ特集:ビジュアル系の宇宙の本』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その1』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その2』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その2』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その3』
 →『ミニ特集:宇宙の不思議を冒険する本 海外系』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む