このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:土と地中の研究、地下探査の科学

科学に佇む書斎
【2016/08/30】


『地底の科学 地面の下はどうなっているのか?』
 後藤忠徳 BERET SCIENCE ベレ出版

●「穴を掘らずに地下を見る」技術!
 水道管レベルの浅部からマントルクラスの深度まで、順々に深さを深めながら語ってくれる地下探査テクノロジーの科学入門。

こちらで紹介
→●本『地底の科学 地面の下はどうなっているのか?』




『地底 地球深部探求の歴史』
 デイビッド・ホワイトハウス 築地書館

●『地底旅行』に模して、地球内部はどうなっているのか、科学的にご紹介。

こちらで紹介
→●本『地底 地球深部探求の歴史』



『日本の土 地質学が明かす黒土と縄文文化』
 山野井徹 築地書館

●地質学の先生が語る縄文文化ミステリー!
 日本各地に存在する黒土(クロボク土)は、日本の古代文化がなければ存在し得ない土だった!?
 クロボク土の正体にいたるまで話が長い というか、本題に入るまでにかなり焦らされるよ。そのぶん、「日本の土」そして世界の土について、たっぷりお勉強できる。

科学の本縄文文化は約一万年続いたが、一つの文化がかくも長く継続した例は世界にはない。しかもその文化の特徴は食料の調達が「狩猟・採集」段階のままであったことである。





 →『ミニ特集:土の中の生き物』
 →『ミニ特集:地学や鉱物の本』
 →『ミニ特集:地学や鉱物の本 2』
 →『ミニ特集:地震・火山災害研究の本』
 →『ミニ特集:地震研究の本』
 →『ミニ特集:火山災害研究の本』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後