このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:アメリカの文化と社会 その3

科学に佇む書斎
【2016/07/25】

アメリカの反知性主義

『反知性主義 アメリカが生んだ「熱病」の正体』
『アメリカの反知性主義』
『反逆の神話 カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか』



『反知性主義 アメリカが生んだ「熱病」の正体』
 森本あんり 新潮選書 新潮社

●かねてより沙汰されてきていた「なんか異常なアメリカのキリスト教」。
 その不思議な神様との関係観念が、どうにもいまどきの超大国「中国」の世界観と、かけ離れているようでいながらも、どこか通じてみえるという奇天烈さ。
 バカでも神とまっこう渡り合える、そんな世界観へとご招待。

科学の本宗教改革によって誕生したプロテスタント教会は、聖書を重んじる「聖書原理」に加えて、「万人祭司」という原理をもつ。これは、神と人との仲立ちをするのは聖職者だけではない、という意味である。
 神の目には牧師と信徒の区別はなく、誰もが神の言葉を直接聞ける祭司なのである。

科学の本禅の教えに「啐啄」(そったく)という言葉がある。「啐」は雛が内側から卵の殻を破って出ようと鳴く声で、「啄」は母鳥がそれに応じて外側から卵の殻をつついて割ろうとする音のことである。どちらかだけでは雛は生まれない。

科学の本アメリカの大統領は、頭がよければつとまるというものではない、ということである。反知性主義が大統領選挙を左右するのもそのためである。


140字で拾ってどうにかなるという内容ではない関係で、endBooksではあまり紹介する機会はありませんが、この本は→『2015年拝読本のベスト』に入ります。

電子書籍版もありますね ↓









アメリカの反知性主義



『アメリカの反知性主義』
 リチャード・ホーフスタッター みすず書房

●1963年の著作。1964年のピュリッツァー賞受賞作品。
 しかし、この60年代の著作が、21世紀の悪性ポピュリズムとトランプ禍の状況下において、どうしてこんなにビリビリ共振してくるだろう。実に恐るべし合衆国界とその知性。

 冒頭に紹介した書、『反知性主義 アメリカが生んだ「熱病」の正体』は、かなりの部分を本書の内容を日本に紹介するような形になっているので、『反知性主義 アメリカが生んだ「熱病」の正体』を読んで、さらに奥を確認したい人におすすめ。
 アメリカの50〜60年代の状況に詳しい人なら、本書はもっとガリガリ楽しめる。

科学の本信頼できない、不必要、非道徳的、破壊的といわれるのは知性の人であって、知能の高い人ではない。ときには、その高い知性にもかかわらず、知能が低いとさえいわれるのだ。

科学の本彼らは説教には学問は要らないといった。そして彼らのなかには、学識に頼る牧師より、素人説教師のほうが「精神」の力で上手に説教できる者もいると言ってのけた。

科学の本大半のアメリカの知識人はビジネスを知性の仇敵としてとらえてきた。当の実業家も長いあいだこの役割を受け入れてきたため、いまでは両者が敵意をもつのは当然のようになっている。




『反逆の神話 カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか』
 ジョセフ・ヒース、アンドルー・ポター エヌティティ出版

●アメリカの文化状況・社会史について基礎知識がないと理解がおぼつかない内容の本です。あちらの国内事情、企業名、テレビ番組、CM、流行などが予備知識無しに連発されます。
 予備知識があるならば、日本のサブカル状況とも照らしあわせてビンビン来るおもしろさ。

こちらで紹介
→●本『反逆の神話 カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか』



 →『ミニ特集:アメリカの文化と社会 その1』
 →『ミニ特集:アメリカの文化と社会 その2』
 →『ミニ特集:アメリカの文化と社会 その3』

 →『ミニ特集:メディアと社会と心理学』
 →『ミニ特集:社会研究・コミュニケーションの本』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む