このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:戦争と文化 その3

科学に佇む書斎
【2016/07/24】

囲碁Wikimedia
『永続敗戦論 戦後日本の核心』
『戦争の常識』
『さよなら紛争 武装解除人が見た世界の現実 14才の世渡り術』



『永続敗戦論 戦後日本の核心』
 白井聡 atプラス叢書 太田出版

科学の本彼らの主観においては、大日本帝国は決して負けておらず(戦争は「終わった」のであって「負けた」のではない)、「神洲不敗」の神話は生きている。

科学の本意識としては、不可抗力の天災に遭遇しただけで「戦争に負けてはいない」のである。負けを認めない以上、ここには反省の契機も抵抗の契機も発生しようがない。


この本は→『2015年拝読本のベスト』に入ります。

マンガ版も出ています






 

『戦争の常識』 鍛冶俊樹 文藝春秋

●定評のある新書。常識、把握してますか?

こちらで紹介
→●本『戦争の常識』



『さよなら紛争 武装解除人が見た世界の現実 14才の世渡り術』
 伊勢崎賢治 河出書房新社

●残虐な殺戮を日常の作法として生きてきた少年兵達に、武装解除と和解を叩き込むリアル現場を、日本の子どもたちにもわかるように語りあげる。
 タフかつ希有なポジションの一冊。



China go2
作者 User 冷玉 on zh.wikipedia [GFDL または CC-BY-SA-3.0], ウィキメディア・コモンズ

 →『ミニ特集:戦争と文化』
 →『ミニ特集:戦争と文化 2』
 →『ミニ特集:戦争と文化 3』
 →『ミニ特集:戦争を調べる』
 →『ミニ特集:戦争を調べる 2』
 →『ミニ特集:戦争を調べる 3』
 



このページ 『ミニ特集:戦争と文化 その3』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む