このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:多方面からキリスト教をさぐる本 その2

科学に佇む書斎
【2016/07/12】

旧約聖書のゲーム理論
『知って役立つキリスト教大研究』
『ニューエイジについてのキリスト教的考察』
『越境する日韓宗教文化 韓国の日系新宗教 日本の韓流キリスト教』
『キリスト教は同性愛を受け入れられるか』
『ラディカル・ラブ クィア神学入門』
『旧約聖書のゲーム理論 ゲーム・プレーヤーとしての神』



『知って役立つキリスト教大研究』
 八木谷涼子 新潮OH!文庫 新潮社

●カトリック、プロテスタント、ルター派、ギリシャ正教…
 儀式の違いや信仰の要点…
 面白さはないけれど、いろいろと基礎知識や基本的な流れがコンパクトに確認できて便利な文庫本。
 共通理解のためのたたき台として使えます。

科学の本【聖書】かつては、特定の版の使用が義務づけられ、勝手な翻訳をすると火刑に処せられた時代もあったが、16世紀以降、プロテスタントを中心に、さまざまな種類の翻訳が出版され続けている。
 とくに英語訳は種類が豊富なので、どれを選んだらいいか迷うほどだ。

科学の本プロテスタントは信仰の自由と教理の純粋性にこだわるため、意見が一致しないとどんどん分派していくのに対し、ローマ・カトリックは現在でも教皇を中心にひとつの組織としてまとまっている。

科学の本カトリックでは文字が読めなくてもあまり問題はないが、神父がいないと信仰を維持するのは難しいだろう。
 プロテスタントでは牧師がいなくても聖書さえあれば大丈夫だが、読む力がないと困ることが多い。


好評につき、新装増補の『なんでもわかるキリスト教大事典』が出ています。



著者さん ↓






 →『ミニ特集:多方面からキリスト教をさぐる本 その1』
 →『ミニ特集:多方面からキリスト教をさぐる本 その3』

 →『ミニ特集:キリスト教を見せる本』
 →『ミニ特集:聖書考古学』
 →『ミニ特集:宣教師の世界むかしむかし』
 →『ミニ特集:科学とキリスト教』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む