このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの

科学に佇む書斎
【2015/04/12】



科学の本『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』

科学の本E メールのサービスには、迷惑メールのフィルタリング機能が搭載されている。これも典型的な人工知能、機械学習だ。
 どういったメールが迷惑メールなのかを学習し、自動的に分類していく。

科学の本ざっくり言うと、第1次AIブームは推論・探索の時代、第2次AIブームは知識の時代、第3次AIブームは機械学習と特徴表現学習の時代であるが、もっと厳密に言うと、この3つはお互いに重なり合っている。

科学の本どれくらいの組み合わせがあるかというと、19✖19の盤面で駒が白黒の囲碁はおよそ10の360乗通り。
 観測可能な宇宙全体の水素原子の数がおよそ10の80乗個といわれており、この数字がこの世界で「数えられるもの」の数としては最大だろうから、盤面で起こりうる組み合わせがいかに膨大な数字か、おわかりいただけるのではないだろうか。

科学の本人工知能が発展すると、人間と同じような概念を持ち、人間と同じような思考をし、人間と同じような自我や欲望を持つと考えられがちだが、実際はそうではない。






 


『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』
 松尾豊
 角川EPUB選書
 KADOKAWA
 


「ビッグデータ」が人口に膾炙し、その次のトピックとして「ディープラーニング」が脚光を浴びていた頃の著述。
人工知能の学習が最適化されるとき、それは「ヒトとは異なる」生態由来の存在様式となるのは必至。

未来の気配を少しかじれる人気本。





 →『ミニ特集:人工知能とロボット古今東西』
 →『ミニ特集:人工知能とロボット 1』
 →『ミニ特集:人工知能とロボット 2』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











科学に佇むの今読んでる本