このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか

科学に佇む書斎
【2015/04/29】



科学の本『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか』

科学の本執筆を欠かすとペナルティが課される条件に置かれた実験参加者は、執筆量が多かった。書くことを強制すると、独創的な執筆アイデアもどんどん浮かんでくるようになった。

科学の本言いたいことがあるなら本を書こう。言いたいことがたくさんあるなら、本を2冊書こう。

科学の本書く作業は、単語に始まって単語に終わる。よい文章を書くには、よい単語を選ぶ必要がある。

科学の本論文というのは、そもそもリジェクトされるものだし、リジェクトされるという前提に立って書かれるべきものでもある。

科学の本執筆は競争ではない。論文数を1つ増やすというだけのために論文を書かないこと。自分の論文や著作の数を数えないこと。

科学の本投稿をとりやめたために、ファイルキャビネットに眠ることになった原稿、つまり、別の雑誌になら出せるけれど、どの雑誌でもよいというわけではない原稿にも誇りを持つこと。

科学の本レビュー論文は、ミステリー小説とは違う。よいレビュー論文は、1ページめで犯人がわかる。

科学の本宇宙人が、宇宙人による誘拐を信じる人だけを誘拐するのと同じように、スランプに襲われるのはスランプの存在を信じる人だけだ。

科学の本執筆作業に関しては、書きたいと思うかどうかは、そもそも関係ない。心が「晴れて」いようが「曇って」いようが、執筆スケジュールは守る。それだけのことだ。







 


『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか』
 ポール.J・シルヴィア
 KS科学一般書
 講談社
 


かくのごとく、頭を冷やして粛々と歩を進めれば、汝救われん。

翻訳者さん
リンク 高橋さきの @sakinotk




 →『ミニ特集:科学の書き方の本』
 →『ミニ特集:科学の書き方の本-2』

 →『ミニ特集:科学を仕事する本』
 →『ミニ特集:科学を仕事する本-2』
 →『ミニ特集:科学を仕事する本-3』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











科学に佇むの今読んでる本