このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  人はなぜSEXをするのか? 進化のための遺伝子の最新研究

科学に佇む書斎
【2010/03/13】



ゼウス&ヘラ_アンニーバレ・カラッチ『人はなぜSEXをするのか? 進化のための遺伝子の最新研究』

世界のペニスサイズや女性の潮吹き、ニホンザルの百合行動についても紙数を割いてあるなど、かなり巷間向けの目線でデータを集めて大量に披露。

科学の本私たちヒトは、乳房が思春期で大きくなり、生涯を通してずっと大きいままでいる唯一の種だ。

科学の本母乳をつくっていないとき、女性の乳房の乳腺と脂肪組織の比率は平均1対1だ。ところが授乳中にその比率は2対1になる。
 現代では大半の国で母乳を与えることの重要性が認められているが、ノルウェーとスウェーデンではもう一歩進めて、赤ちゃんが月齢に合わせた母乳を飲んでいるか確かめることまでやっている。
 この2国では、母親が授乳できないときには、赤ちゃんにほかの女性の母乳を飲ませることができる、血液バンクならぬ「母乳バンク」の試みにも取り組んでいるのだ。

科学の本母乳で驚くのは、必要としている栄養素に合わせて、赤ちゃんの月齢ごとに構成栄養素が自然に変わっていくことだ。

科学の本おなかの双子の父親がそれぞれちがうことなど、本当にあるのかと思われるだろうが、医学的にちゃんと異父過妊娠と名付けられるほど例がある。




科学の本15〜16世紀のヨーロッパでは、全部剃ってしまったところにマーカンという陰毛のかつらをつけて、毛ジラミ対策のために剃った事実を隠そうとしたそうだ。

科学の本処女膜はたとえ一時破けても、そのままにしておけば自然に再生することがあきらかになっている。それに性交体験がないが処女膜がない、という女性も多数いることがわかってきた。






 


『人はなぜSEXをするのか? 進化のための遺伝子の最新研究』
 シャロン・モアレム
 アスペクト
 


前著→●本『迷惑な進化』 で披露していた自分探しの進化医学探求は一段落したらしい。

かぶる主題で先行する本では、
→●本『オルガスムの科学』
はガチ研究カタブツ路線、
→●本『セ…クスと科学のイケない関係』
はブンヤ系の下世話すぎ。
それらに比べて、本書はかなりいい感じに読みやすくてオススメしやすい。


この本は→『2015年拝読本のベスト』に入ります。

ブックオフで今の中古価格をチェック↓
【中古】 人はなぜSEXをするのか? 進化のための遺伝子の最新研究 /シャロンモアレム【著】,実川元子【訳】

 →『ミニ特集:ヒト生殖を科学した本』
 →『ミニ特集:ヒト生殖行動にまつわる本 古め』
 →『ミニ特集:ヒト生殖行動や恋愛の歴史』
 →『ミニ特集:科学の中のジェンダーを語る本』

 →『ミニ特集:ジェンダー・性科学の本 海外』
 →『ミニ特集:ジェンダー・性科学の本 海外-2』
 →『ミニ特集:クィアな海外本』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む