このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  未来に先回りする思考法 テクノロジーがすべてを塗りかえる

科学に佇む書斎
【2015/09/11】



地球ネットTwitter『未来に先回りする思考法 テクノロジーがすべてを塗りかえる』

たいへんよくできた「売り込み」本。
すなおに読めば、今の不安で不透明な将来感が、キラキラと輝かしい未来感になる、すばらしい出来栄えのサイバーテクノロジー啓蒙案内書。

科学の本ネットが普及したことで、今まで数量化できなかったあらゆる価値がデータとして数量化できるようになりつつあります。
 たとえば、SNSは今まで定量化できなかった「他者からの注目」という価値を数字に換算することを可能にしました。

科学の本各国政府が警戒しているのは、GoogleやAmazonという単体の企業ではありません。背後に存在するアメリカです。
 少し全体像が見えづらいですが、実は巨大な多国籍企業とは、見方を変えれば出身国政府の代弁者であるのです。

科学の本アメリカのNSAが国家安全保障の目的でインターネット上の情報を収集する国家の「裏」の組織だとすれば、Googleは人々の生活をよりよくするという看板を掲げ情報を収集する「表」の組織ともいえます。
 手段は違えど、どちらの活動も結果的にはアメリカという国の利益につながっています。

科学の本あるシステムは、社会に浸透してしばらく時間が経つと「どんな必要性を満たすために生まれたのか」という目的の部分がかすんでしまい、そのシステム自体を維持することに目的がすり変わってしまうというのも、繰り返し見られるパターンです。
 だからこそ私たちは、定期的に原点に立ち返ることが必要になります。





 


『未来に先回りする思考法 テクノロジーがすべてを塗りかえる』
 佐藤航陽
 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 


この本を読んで素直に感銘を受けている読者は多い。

ところが、
【この本の著者は、(株)メタップスの社長(代表取締役CEO)である。】
【メタップス社は、データ分析系のIT企業である。】
【メタップス社は、2015年8月28日に東証マザーズへ上場(6172)を果たしている。】
【この本は、上場前日の2015年8月27日に出版されている。】
という事実を知って読むと、すべての言葉が「我が社に投資すれば夢が叶いますよ」という近視眼的な市場アピールに翻ってしまうという、このトリッキーな醍醐味がスゴイ。

どっちにしろ、この株主向けシンギュラリティ系プレゼンは、一見に値する語りのうまさを備えています。

ややかぶる主題で、この本の2年前に出されている高評価海外本の
→●本『限界費用ゼロ社会』 ジェレミー・リフキン
と読み合わせれば、両書のパワーは倍増すると思う。




 →『ミニ特集:社会についてのいろんな本 その1』
 →『ミニ特集:社会についてのいろんな本 その2』
 →『ミニ特集:社会についてのいろんな本 その3』
 →『ミニ特集:社会についてのいろんな本 その4』
 →『ミニ特集:ネットと社会と未来を語る本、海外』
 →『ミニ特集:ネットと社会と未来を語る本、日本』


 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後