このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  戦争するってどんなこと?

科学に佇む書斎
【2014/08/18】



洋風墓場pixabay『戦争するってどんなこと?』

子ども向けを意識したやわらかな語りだけれど、主題はハード。
あまたのツッコミをくぐり抜けて、これを伝えておきたい、と厳選された論点は、大人にもきちんと見ておきたいとぐいぐい思わせる。

科学の本戦争した場合、犯罪率がどう変わるかという統計では、半分以上の戦争した国の殺人犯罪率が10%以上あがって、なかには2倍以上あがった国もありました。人の感性が鈍くなって、命の大切さが軽くなる影響だと思います。

科学の本軍国主義時代の日本のなかには無関心権はありませんでした。「隣組」がつくられて、近所の人同士が監視しあって、政府の言うことに無関心の人がいれば…

科学の本朝鮮戦争は休戦中でまだ終わっていません。

科学の本小型車くらいもある大きな爆弾BLU-82B、「Daisy Cutter(雑草刈り)」は、普通の戦闘機ではなくC 130 という戦車も運べる輸送機でないと運べません。
 この爆弾が落とされたのを見て、原爆だと思った目撃者がいるほどです。これはベトナム戦争とその後の戦争によく使われました。
 2008 年に廃棄されましたが、その代わりにさらに大きなGBU -43B が開発されました。「MOAB(大規模爆風兵器)」と呼ばれるもので、「Mother of All Bombs」というあだ名があります。これは一時期核兵器以外でもっとも大きな爆弾だという評判でした。

科学の本アメリカの法律では基地は市街地のちかくにはつくれませんが、アメリカはその法律を沖縄では適用せずに基地をつくりました。
 日本の空港法にもこのようなつくり方は禁止されていますが、ここは「空港」ではなくて「基地」だから適用しない、というのです。

科学の本アメリカ政府は広島、長崎に核爆弾を使ったことを謝罪したことはありません。それには理由があります。
 謝罪は二度としない、という意味です。
 人を殴って「ごめんなさい」と言って、また殴ってまた「ごめんなさい」と言うのは謝罪ではありません。アメリカ政府はまたやるかもしれないから謝罪しないのです。

 








『戦争するってどんなこと? 中学生の質問箱』
 C.ダグラス・ラミス
 平凡社
 





 
 →『ミニ特集:戦争と文化』
 →『ミニ特集:戦争と文化 2』
 →『ミニ特集:戦争を調べる』
 →『ミニ特集:戦争を調べる 2』
 →『ミニ特集:太平洋戦争について語る本』
 →『ミニ特集:武器、軍備』
 



このページ 『戦争するってどんなこと?』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む