このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?

科学に佇む書斎


ファスト&スロー 
人心の特性、粗雑さ、そして抜きがたい欠点を、進化心理学・行動経済学も援用しながら説いてくださる著者は、ノーベル経済学の超有名な心理学者さんなのだ。

科学の本私たちは、自分の理解の度合いを過大評価する一方で、多くの事象で偶然が果たす役割を過小評価する傾向にある。自信過剰になるのは、後知恵で過去の確実性を錯覚するからである。

科学の本楽天的な性格の多くは親から受け継いだもので、幸福になりやすい気質の一部であり、いつもものごとのよい面を見ようとする傾向を備えている。

科学の本ある実験によれば、怒った顔は大勢のニコニコ顔の中から「飛び出して見える」という。一方、大勢の怒った顔に混じった一つのニコニコ顔は、見つけるのが難しい。

科学の本暗算をしているとき、被験者の瞳孔は通常は数秒以内に拡がり、問題を解く間は拡大したままとなる。そして答を出すか、あきらめるかすると、ただちに収縮する。
 瞳孔は、どの家にも設置されている電力メーターとまさに同じように、知的エネルギーの消費量を時々刻々と教えてくれる。


科学の本第3部では、人間の思考の奇妙な弱点について論じる。
 それは、自分が知っていると思い込んだことについて過剰な自信を持つことと、自分の無知や自分が住む世界の不確実性の度合いを理解することに関しては明らかに無能なことである。

科学の本認知的に忙しい状態(脳のキャパが一杯一杯のとき)では、利己的な選択をしやすく、挑発的な言葉遣いをしやすく、社会的な状況について表面的な判断をしやすい。




好評につき、文庫版が出ています。
 

『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』
 ダニエル・カーネマン
 早川書房
 


1:脳への負担は軽く、すぐに反応してしまえる感情ベースの直感回路。
2:脳力を駆使して、データを付きあわせて謎を解く、立ち上げに時間の罹る意識ベースの論理回路。
ヒト行動は、この2つが撚り合わさった千鳥足。

そしてそして。
こんなにもダメダメな心的回路だと指摘されていても、気にせず生きて、暮らして、クソリプの嵐の中で日々息をしている私たちなのであった。




電子書籍もあります Kobo版↓

Kindle版電子書籍 ↓

ファスト&スロー (上)




→『ミニ特集:人心反応の本 海外系』
→『ミニ特集:人心反応についての本』
→『ミニ特集:人心操作の本 海外系』
→『ミニ特集:人心操作の本 その1』
→『ミニ特集:人心操作の本 その2』
 



【2012/12/21】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・