このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  私たちは今でも進化しているのか?

科学に佇む書斎
【2015/01/30】



私たちは今でも進化しているのか『私たちは今でも進化しているのか?』

糖質制限ダイエットのたぐいが跋扈してしまっている日本の巷へ、流行源流のアメリカから「それちゃいまんがな」科学ツッコミがやってきた!

科学の本進化には途方もない時間がかかるという考えは誤りだ。乳製品の摂取も、高地への順応も、数千年の間に人類に起きた進化の結果なのだ。

科学の本2010年にスヴァンテ・ペーボらが、現在の非アフリカ人のゲノムの1〜4パーセントが、ネアンデルタール人に由来することを突き止めた。

科学の本ラクターゼ生産が持続される人(牛乳でお腹がゴロゴロしない乳糖耐性)は、スーダンのナイル川流域に住む人々では30%未満だが、隣接地域の遊牧民ベジャ族では80%を超える。

科学の本全世界の獣を集めてマラソン大会を開催したら、体格差による補正ができれば、人間は一位になる可能性がある。昔も今も、世界のさまざまな土地に、カモシカやカンガルーが疲れて倒れるまで追いかけて捕まえる人々がいる。

科学の本父性鑑定というのはもともと遺伝上の父親であることを疑って行なう人がほとんどだ。そのため、鑑定キットを販売している会社のデータを用いると、本当の親子でない確率を実際よりも高く予想することになる。

科学の本日本人は他の集団よりも多くの海藻を食べる。海藻にも微生物が棲みついていて、その中には海藻の炭水化物の一部を分解する働きを持つものもいるが、その遺伝子が、水平伝播で海藻を大量に食べる人の腸バクテリアへと移動したらしい。



2010/04 【日本語記事】Nature 進化:寿司因子
 アマノリ(Porphyra)の仲間の海洋性紅藻の硫酸化多糖類を消化するCAZymeが、バクテロイデス類の海洋細菌で見つかった。
 この酵素は日本人の腸内細菌に存在する
 海洋環境に生息する細菌から日本人にみられる腸内細菌であるBacteroides plebeiusへと、進化の過程で比較的最近に、遺伝子伝播が起こった
2010/04 【日本語記事】National Geographic 日本人の腸はノリの消化に最適
2010/04 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 日本人(の一部)は海藻を分解・栄養源とする腸内細菌を持っている
2010/04 【日本語記事】ワイアードビジョン 日本人の腸だけに存在?:海藻を消化する細菌
 フランスの研究者が、藻細胞壁の分解を専門とする酵素を特定した。
 この酵素を生成する細菌の菌株は、日本人の腸にしかいないらしい。
2010/04 読売新聞 ノリや寒天、日本人は栄養に…ダイエット?かも
2010/04 毎日新聞 細菌:日本人の腸に「海藻好き」細菌 伝統的食生活影響か 仏研究チーム発見

細胞:海洋細菌から日本人の腸内微生物叢への糖質関連酵素の伝達
2010/04 Nature Transfer of carbohydrate-active enzymes from marine bacteria to Japanese gut microbiota doi:10.1038/nature08937
2010/04 news@nature.com A genetic gift for sushi eaters 寿司食い人に恵まれた遺伝子
2010/04 Nature Microbiology: Genetic pot luck doi:10.1038/464837a
2010/04 ABC@オーストラリア Intestinal germ helps sushi digestion
2010/04 BBC News Sushi may 'transfer genes' to gut
2010/04 National Geographic Japanese Guts Are Adapted to Sushi








『私たちは今でも進化しているのか?』
 マーリーン・ズック
 文藝春秋
 



ここ数千年でヒトはどんだけ進化してしまったのかの各種研究成果を、最近の報告からいろいろと総括しながら、エセ進化医学と糖質制限伝説をあばいていくのであります。

ヒト進化の本だとおもって読み始めると、あちこちに「おかしなダイエット(パレオ・ダイエットや糖質制限)に対するツッコミ」が記されていてちょっと面食らうけど、うん、この手の錯誤言説の中では、比較的ツッコミしやすいネタが豊富で、ツカミネタとしてラクなんだよね → 糖質制限ダイエット界隈

同様の「今現在のヒト進化」テーマで楽しく読める
→●本『ヒトは今も進化している 最新生物学でたどる「人間の一生」』
との読み合わせもオススメ。





 →『ミニ特集:ヒト進化研究についての本 海外 その1』
 →『ミニ特集:ヒト進化研究についての本 海外 その2』
 →『ミニ特集:ヒト進化研究についての本 日本 その1』
 →『ミニ特集:ヒト進化研究についての本 日本 その2』
 →『ミニ特集:ヒト進化研究についての本 日本 その3』
 →『ミニ特集:サルとヒトと進化の本』

 



このページ 『私たちは今でも進化しているのか?』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む