このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  語り継ぐ 札幌市民100人の戦争体験

科学に佇む書斎
【2013/03/23】

札幌市旗Wikimedia

科学の本『語り継ぐ 札幌市民100人の戦争体験』

年間拝読ベスト本入り。

一般的な市販書籍ではありません。
札幌市が平和事業として、語り手100人を目標に談話会や座談会で聞き取り書きをした、分厚い記録。
さまざまな重い話がぎゅうっと詰め込まれています。

慰安婦管理の衛生兵、無人の街となった留萌に独り残される通信兵、死体に埋め尽くされた揚子江を渡る南京虐殺経験者、麻酔無しで足を切られる負傷兵、たった一度の空襲たった一発の銃弾で目の前で父親を失う女学生…
語った。
100人が、体験を語った。

科学の本住吉シズ ”当時の学校には、天皇陛下と皇后陛下の写真を安置する奉安殿というものがありました。登校時には毎日、天皇(の写真に向かって)に敬礼をしなければなりませんでした。”

科学の本木田忠夫 ”手稲と厚田がなぜ空襲されたのか。あそこは北海道では珍しく石油が少しとれるところなのです。我々はそんなことを知らないでしょう。何で米軍が知っていたのでしょうね。”





科学の本星繁太郎 ”戦死した仲間の家族が現地の戦いの様子などを聞きにきたのですが、これが一番辛かったです。飢え死にしたり、病気になって亡くなったりしていたのですが、遺族にはとても本当のことは言えず、「立派な最期でしたよ」と言うしかありませんでした。
 これが一番辛かったです。”

科学の本岩崎周市 ”太平洋戦争における戦死者は310万人といわれていますが、約半数の150万人余の遺骨が収集されず、異国に放置されたままという実態に、非常に憤りを感じています。”

科学の本天羽宏 ”土の中から出てきた遺骨は、全部焼いてからでないと日本に持って帰ることができません。
 骨の中にはいろいろな虫がすんでいます。その虫を完全に焼き殺さないと日本に持ち込むことができないので、このようにするのです。焼くのに丸一日かかります。”

科学の本昭和19年以降、軍服の防寒用に加工していた兎の毛が不足しため、飼い犬・猫の毛皮献納運動が開始。市町村に頭数が割り当てられ有料で収集され、処理された。買い取り価格は犬10円、猫5円。
 札幌市では当時の現存頭数の半数以上が「献納」されて命を落とした。




科学の本天羽宏 ”特攻隊の兵隊は、今でいう高校二年生から三年生の人たちです。飛行機に乗って、片道の燃料しか積まないで、爆弾を抱えて、アメリカの船に飛び込んでいくのです。”

科学の本柳澤一枝 ”あんた、時代が違うのよ。普通の人が戦争に反対だなんて言ったら、すぐに牢屋に行ったんだよ。だから、言えなかったの。言える時代じゃなかったんだよ。”

 

●書影

『語り継ぐ 札幌市民100人の戦争体験』
 札幌市編
 札幌市市民まちづくり局地域振興部区政課
 


札幌市の出版物なので、ほかの地域では入手しづらい品なのかもしれませんが、価格についてはすごく入手しやすい設定にはなっています。
一冊680円

北海道外からでも、図書館ネットワークで取り寄せることができるのかもしれません。
リンクCiNii 『語り継ぐ 札幌市民100人の戦争体験』

この本は→『2015年拝読本のベスト』に入ります。

 →『ミニ特集:太平洋戦争について語る本 その1』
 →『ミニ特集:太平洋戦争について語る本 その2』

 →『ミニ特集:戦争を調べる その1』
 →『ミニ特集:戦争を調べる その2』
 →『ミニ特集:戦争を調べる その3』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む