このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:民俗信仰をめぐる本-3

科学に佇む書斎
【2015/09/20】


『諏訪の神 封印された縄文の血祭り』 戸矢学 河出書房新社

科学の本「諏訪」とは、古代支那の特別な階級でのみ用いられた宗教用語である。漢音で「シュ・ホウ」、呉音で「ス・ホウ」と読む。「神の意志・判断を問う、諮(はか)ること」である。










『呪いの研究 拡張する意識と霊性』
 中村雅彦 トランスビュー

●著者はプロの「拝み屋」(霊や呪いを祓う技術者)の資格を持つ教授さん。

こちらで紹介
→●本『呪いの研究 拡張する意識と霊性』



『憑依の近代とポリティクス』
 川村邦光 編 日本学叢書 青弓社

●日本文化に見られる憑きもの信仰について、さまざまな研究者さんがご報告。

こちらで紹介
→●本『憑依の近代とポリティクス』


 →『ミニ特集:民俗信仰をめぐる本』
 →『ミニ特集:民俗信仰をめぐる本-2』
 →『ミニ特集:憑きもの、霊、たたり』
 →『ミニ特集:民俗学の妖怪本』
 



このページ 『ミニ特集:民俗信仰をめぐる本-3』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む